1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

田代湿原からの穂高の眺め

撮影日:2013/04/29
撮影地:上高地 田代湿原(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


上高地といえばやっぱり「穂高の眺め」、そして上高地の中で穂高連峰の眺めが素晴らしい名所のひとつといえば田代湿原が挙げられます。向かって左の西穂高岳稜線(丸山→西穂独標→ピラミッドピーク→西穂山頂)から間ノ岳、天狗岳(天狗ノ頭、天狗岩とも)、奥穂高岳稜線(天狗のコル→畳岩ノ頭→ジャンダルム→ロバの耳→奥穂山頂)、吊尾根、前穂高岳、明神岳へと到る穂高の峰々の連なりが実に素晴らしく望まれるのです。
ここからの穂高の眺めは、明治時代に日本の山々をヨーロッパに紹介し"Japanese Alps"(日本アルプス)の名づけ親でもあるイギリス人宣教師にして登山家のウォルター・ウェストンが、上高地を去るとき最後に穂高を振り仰いでは暫し感慨に耽っていたというほどに見事なものです。

さて、この田代湿原で年配のご夫婦が穂高の峰々を指さしながら「奥穂高岳の山頂は一体どれなんだろう?」などととあれこれ話しているのを耳にしました。見れば上高地から見える山並みがフリーハンドで書かれた絵に山名が示された印刷物を手にしていて「あっちかな?」「それとも、そっちかな?」などと言っていたので、お節介ながらも「よろしければ、ご説明しましょうか?」といつもの悪い癖がでてしまったNewmanだったのでした。
(次回へつづく)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する