1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士登山駅伝

撮影日:2012/08/05
撮影地:富士山 御殿場口登山道にて 大会5連覇の滝ヶ原自衛隊選手が首位で下ってきた(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


8月5日、富士山御殿場口登山道では「第37回 富士登山駅伝」が開催されていました。

七合九勺の赤岩八合館に到着するほんの少し前に、先頭を走る滝ヶ原自衛隊の6区(七合五勺~山頂間往復)の選手が山頂に向けて登っていくのに出会い、それ以降続々と選手たちが通り過ぎてゆきました。空気の薄い中での急な登りとあってどの選手もとても苦しそうです。
そもそもこのレースは‘富士山’という通常の駅伝ではあり得ないようなコースを走るので、非常に過酷なものです。自衛隊の部と一般の部とに分けて表彰されますが、総合優勝はもう20年以上もの間自衛隊部門のチームが獲得しています。

赤岩八合館でしばし休憩したのちひとつ下の七合五勺砂走館を目指していたところ、先ほどすれ違った先頭の滝ヶ原自衛隊の選手が下ってきました。それから暫くすると下りの選手たちが続々と...。登りとは異なり下りではどの選手ももの凄い勢いで走ってきますので、その度に登山道の脇に避けなければならずただ下山するだけでも結構大変でした。
そうして、この先宝永山の馬ノ背との分岐までは選手たちにエールを送りつつ日本一過酷な駅伝を観戦しながら下山したのでした。

御殿場市ホームページ|富士登山駅伝競走大会 のページ



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

撮影日:2012/08/05
撮影地:富士山 御殿場口登山道 七合五勺砂走館中継所でのタスキリレー(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



撮影日:2012/08/05
撮影地:富士山 御殿場口登山道 選手たちが飛ぶように駆け下りてゆく(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

富士登山駅伝の日と重なったのですね。
トレランというのは山の世界にとっては新参者ですし、通常登山者と山で出会ったり追いついたときは走るのをやめてゆっくりかわしますが、駅伝等のレースの際はどうしようもないですね。
次元は違いますが伊吹の時も申し訳なく思っています。

富士登山競争は「日本一下らないレース」(笑)なんて言ってますが、駅伝は下りもあるんですね。
登りもキツイですが、写真を拝見するに下りの飛ぶようなスピードでも足の接地場所を瞬時に見極めて、踊るように且つ膝を痛めないように下るのもすごい技だと思います。

ちゅた | URL | 2012年08月20日(Mon)23:06 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってしまいスミマセン。

実は3年前に御殿場ルートを下山した日も富士登山駅伝開催日でした。
でもそのときは風雨が強く(プラス降雹も...)、山頂部の6区の走りは中止となったのでした。

たしかに、開催当日には通常登山者も同じところを登り下りしています。
お互いどちらに寄る(避ける)かを決めて予め掲示しておくとか、もう少しなんらかの工夫も必要でしょうね。
ランナーと登山者、両者思い思いに楽しめるといいですね~♪

Newman | URL | 2012年08月26日(Sun)23:38 [EDIT]