1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

御嶽信仰

撮影日:2012/07/29
撮影地:御嶽山 剣ヶ峰(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


わが国は古より山岳信仰が盛んで、富士山、男体山、筑波山、立山、東西駒ヶ岳(甲斐駒と木曽駒)等々、本ブログにおいても折に触れそのことを書いてきました。
しかし、今回の木曽御嶽登山ではいままでのどんな山よりも強く日本の山岳信仰が伝統に立って人々の生活と密接に結びついたものであることがひしひしと感じられました。
実際、今回採った王滝口登山道は古くから信仰登山で利用されたルートのひとつのようで、途中途中に仏像や石碑のようなものなどが数多く祀られており、また要所要所では鳥居を潜って先へと進むような場所もありました。

信仰の山というだけあって、今回の御嶽山では巡礼の白装束を身に着けた人々や、「○○講」と書かれた布を首に掛けた講社の人たちを何人も見かけました。それらの中には木曽の御嶽講社の人ばかりではなく、上州(群馬県)や武州(埼玉県)といった他の地域の方たちなども多く見られました。
ただし彼らの様子は宗教色一辺倒なのかというと決してそんなわけでもなく、たまたま埼玉県の長瀞からやってきた人々が下山するのとすれ違ったときに少し話をしたりしましたが、皆さんとても和気藹々としていて「信仰対象としての御山への登拝」といった堅苦しさはなく、むしろ純粋に登山を楽しんでいる我々となんら変わらない姿が却って印象的でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。