1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木曽の御嶽山

撮影日:2012/07/29
撮影地:御嶽山 剣ヶ峰より二ノ池と摩利支天山を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


実家の父と日帰りで木曽の御嶽山(おんたけさん)に登ってきました。

今回は七合目田ノ原より王滝口(表口)の登山道を採り、王滝口山頂を経由して最高峰の剣ヶ峰(3,067メートル)まで標高差900メートルほどの登山でした。このルートは樹林帯から始まって、森林限界を超えてからは見通しの良い斜面を進み王滝山頂まで。王滝山頂からは荒涼とした景色の中を少し下ってからしばらく水平に進み最後は急な斜面を登るという、短い割りに結構変化に富んだルートでした。ただ、八合目あたりからはガスが出てきてしまって眺望がきかないことが多く、それだけに剣ヶ峰の近くまでやってきてから時折ガスが晴れて青空が覗き急に陽が射すようになったのは、まさに奇跡的と言ってもよい状況だった気がします。
また今回の山行では、樹林帯のモミジカラマツ(紅葉唐松)やミヤマアキノキリンソウ(深山秋の麒麟草)、ゴゼンタチバナ(御前橘)を皮切りに、森林限界を超えてから現れたイワギキョウ(岩桔梗)やウラジロナナカマド(裏白七竈)、雪渓のそばに咲いていたコイワカガミ(小岩鏡)やツガザクラ(栂桜)、更にハクサンシャクナゲ(白山石楠花)やキバナシャクナゲ(黄花石楠花)、タカネミミナグサ(高嶺耳菜草)、ミヤマダイコンソウ(深山大根草)、そして御嶽山の名を冠したオンタデ(御蓼)など、高山植物も案外とたくさん見られました。

それと、今回御嶽山に登ったことによりまたひとつ新たな3,000メートル峰の山頂を踏むことができました。これで、3,000メートル超の山は残すところあと2座となりました。(※塩見岳と聖岳)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

御岳に行かれていたんですね。
先週末は好天で何よりでした…と思ったらやはり3,000m超えはガスも出たんですね。
御岳というと高山植物というイメージがあまりないのですが、意外でした。
残雪や色鮮やかな二ノ池にも出逢えて何よりですね。
お盆にでも行ってみようかな?

ちゅた | URL | 2012年07月31日(Tue)22:26 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

木曽の御嶽山というと「江戸時代に巡礼登山者がコマクサを乱獲してしまい激減してしまった」などという逸話が思い浮かんでいました。
でも、この王滝口登山道からのコースではコマクサは見ませんでしたねぇ...。

剣ヶ峰から見えた目の覚めるような二ノ池の色はとても印象的でした。
時間の都合で御鉢巡りはできませんでしたが、次回はぜひぐるっとひと廻りしてみたいものです~。

Newman | URL | 2012年08月01日(Wed)05:23 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年08月02日(Thu)15:13 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。