1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬晴れの美ヶ原より、八ヶ岳連峰全景

撮影日:2011/02/13
撮影地:美ヶ原 王ヶ頭より八ヶ岳連峰を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


美ヶ原は、信州・松本盆地の東に広がる標高2,000メートル前後の高原です。

美ヶ原は、古くは松本の人たちから東山または王ヶ鼻などと呼ばれました。平安時代から牛の放牧場として利用されており、また松本盆地側に突き出した王ヶ鼻(現在、この場所は最高峰・王ヶ頭とは明確に区別されている)からは木曽の御嶽山がよく望まれるので、江戸時代以降には御嶽講の信仰の場となりました。
現在、最高峰の王ヶ頭(2,034メートル)には王ヶ頭ホテルという立派な宿泊施設が建ち、真冬でも麓の松本まで送迎マイクロバスが迎えにきてくれます。そのため、こうして気軽に冬の高原風景とそこから見える名峰の数々の眺めとを満喫することができるのです。

美ヶ原八ヶ岳中信高原国定公園の北西部にあたり、それだけに南東の方角には八ヶ岳連峰の山々が間近に望まれます。
ここから見ると、諏訪富士とも呼ばれる蓼科山を別にすれば北八ヶ岳は実に伸び伸びとたおやかな広がりを見せており、一方で北八ヶ岳南端となる天狗岳(西天狗岳と東天狗岳)から先は一転してアルペン的な険しい山容の峰々が連なっているのがよく判ります。


○写真のおもな八ヶ岳連峰の山々(左より):蓼科山(2,530メートル)、天狗岳(2,646メートル)※ここまで北八ヶ岳、硫黄岳(2,760メートル)、横岳(2,829メートル)、赤岳(2,899メートル)、阿弥陀岳(2,805メートル)、権現岳(2,715メートル)、編笠山(2,524メートル)※ここまで南八ヶ岳



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

この方角からの八ヶ岳連峰、稜線がくっきりとしていいですねえ~。
蓼科山が意外と大きく存在感があります。

20歳台の頃、蓼科山から夏沢峠まで縦走し、本沢温泉の誰もいない露天風呂で峠付近を眺めながらの入浴は格別なものでした。
30年経った今でも目に焼き付いています。(最近のことはすぐ忘れていますが・笑)
主峰赤岳をはじめとする硫黄岳から南は行ったことがないのですが、しっとりとした北八つももう一度行ってもよいと思っています~。

ちゅた | URL | 2012年06月18日(Mon)22:47 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

北八ツの縦走、いいですねー♪ 昨秋ころぼっくるさんにお誘いいただいたことが縁で、北横岳から双子山経由で蓼科山まで静かな湖沼を巡りながら1日かけて歩く機会を得ました。
南八ツも、数年前にころぼっくるさんと美濃戸から硫黄岳の先までご一緒し、そこから横岳・赤岳経由で周遊したことがあります。
機会をつくって、蓼科山から編笠山」までそれらをつなぐ「八ヶ岳大縦走」を歩いてみたいですね~。
予備日も含めて1週間あれば大丈夫そうでしょうか。
それならば、南ア大縦走よりは実現率も高そうです(笑)

Newman | URL | 2012年06月19日(Tue)08:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。