1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

錦秋涸沢

撮影日:2010/10/11
撮影地:涸沢カール(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


「錦のごとき」とはよく言ったもので、三方を高い峰々に囲まれた圏谷(カール)の木々を見事なまでに染め上げた大自然の営みはまこと驚嘆するに値すべきものです。

2010年の束の間のひととき、涸沢カールの木々は色に美しく燃え上がりました。夏中続いた猛暑が幸いしたのでしょうか、この年の涸沢紅葉はまさに当たり年でヒュッテのオーナーがブログで大絶賛されていたほどに最高のものでした。上に掲げた写真はもちろん色味の修正などまったく加えていません。
そして、そんな瞬間にその場に居合わせる幸運に恵まれた喜びは、今後も決して忘れることはないだろうと思います。

「‘魔法にかけられた’とは、自然が刻一刻と見せてくれる変化の連なりに我々人間が気づかされたときの状態をいう」といったことを、昔どこかで耳にした覚えがあります。だとしたら、この時の涸沢はまさしく大自然の大いなる魔法をかけられていたのではないでしょうか。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する