1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

駒津峰より 甲斐駒・仙丈

撮影日:2011/10/09
撮影地:甲斐駒ヶ岳登山 駒津峰より甲斐駒ヶ岳を望む(山梨県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


一面ハイマツに覆われた長い斜面を登りきると駒津峰(こまつみね)の山頂です。

駒津峰」という名前からもお判りのとおり、ここは甲斐駒ヶ岳のすぐ手前に当たるピークです。それだけに‘南アルプスの貴公子’甲斐駒の全容が間近に望めとても迫力があります。双児山からでは頭がちょっと覗いて見えるだけに過ぎなかった摩利支天の岩峰も、この場所からはとてもバランスよく配置されて見えます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

撮影日:2011/10/09
撮影地:甲斐駒ヶ岳登山 駒津峰より仙丈ヶ岳を望む(山梨県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


反対側には仙丈ヶ岳のゆったりとした姿が望まれます。
伸びやかな稜線や山頂部に複数のカールを抱く懐の深さみたいなものは、さすが‘南アルプスの女王’と称えられるだけあって存在感たっぷりです。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

駒津峰からの甲斐駒ヶ岳の姿がバランスよくというのは素敵な表現です。
いわれてみると黄金比の山容でいい感じですね~。
そういう見方があるのかと感心しています。
それにしても仙丈ヶ岳の大きな存在感には圧倒されますね。山名もそこから来ているのでしょうか。
2つとも再度訪れてみたい山です。

ちゅた | URL | 2011年11月08日(Tue)23:20 [EDIT]


ちゅたさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

甲斐駒ヶ岳と摩利支天の姿、この駒津峰から望むと本当にカッコイイですね♪
形が良いだけでなく、間近に見えるのでかなり迫力があります。
画角の狭いコンデジでは綺麗に収まりきらなかったほどです。

ご指摘のとおり、仙丈ヶ岳の名は『日本百名山』で深田久弥が述べているようにその大きさと関連がありそうですね。
「1丈=10尺=3.03メートル」とすれば、奇しくも標高3,033メートルのこの山はピッタリ「千丈ヶ岳」です!

Newman | URL | 2011年11月09日(Wed)12:19 [EDIT]


Newman 様
こんばんは、私が2005年の9月に甲斐駒ケ岳に登った時は駒津峰までは天気が良かったのですが、まもなく崩れ始め山頂に着くころにはガスが立ち込めて、展望はほとんどない状態でした。

山頂付近には山小屋もないので、北沢峠まで降りるしかありませんでした。また一度出掛けてみたいですね。

ころぼっくる | URL | 2011年11月11日(Fri)23:21 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

2005年9月の甲斐駒登山の記事を読ませていただきました。
駒津峰までは天気が良かったのにその先でガスが出てきてしまったとのこと、本当に残念でしたね。
私もまた甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳には、季節を変えて登りたいと思っています。
ぜひ予定をあわせてご一緒したいですね~。

Newman | URL | 2011年11月13日(Sun)00:23 [EDIT]


立山

Newmanさん、こんばんは。

いつも見入ってしまうような写真をありがとうございます。

高山シーズンは終わってしまったので、最近は奥秩父に出か
けています。
北横でお会いした際、ころぼっくるさんからスノーシューの
存在を教えていただいて以来ずっと気になっていたのですが、
遂に先週末スノーシューデビューしました。初めて立山・室
堂を訪れましたが、一足早い白銀の世界にすっかり魅せられ
てしまいました(また夏に来て稜線を縦走したいものです)。
改めて、小屋でご一緒させていただいたひと時を思い出した
りしております。
少しずつ、活動の幅を広げてゆきたいものです。

Mac air | URL | 2011年11月29日(Tue)00:31 [EDIT]


Mac airさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

ここしばらく公私に渡りいろいろとあって、山歩きをお休みしています。
ブログの更新も滞ってしまっていますが、そろそろ再開しないと...ですね(^^;

Mac airさんは精力的に歩かれているようですね~。
しかも、スノーシュー・デビューもされたとのこと。
雪景色の立山は憧れで5月の連休あたりに室堂を訪れてみたいとは思っているのですが、案外この時季の方が混み合わず、また新雪を踏むこともできて穴場かもしれませんね。
スノーシューは知床にいったときに自然センターでレンタルして装着しフレペの滝まで散策しました。
あの雪上を歩くときの爽快感を思い出します。

Newman | URL | 2011年11月29日(Tue)08:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。