1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

双児山からの眺め

撮影日:2011/10/09
撮影地:甲斐駒ヶ岳登山 双児山より甲斐駒ヶ岳を望む(山梨県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


今回よりしばらくは、10月9日・10日に訪れた甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳山行で出会った風景の写真を掲載していきたいと思います。よろしければお付き合いください。

長大かつ急な黒戸尾根と較べると標高差が少なく(標高差は936メートル)、駒ヶ岳山頂まで割とアクセスしやすいとされる北沢峠からのルート。ここを起点に甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳とを2日間でピストンすることも可能とあって一挙に両座に登ろうということに。北沢峠から甲斐駒ヶ岳を目指すルートには、初めは沢沿いの緩やかな傾斜を辿り仙水峠を経由して駒津峰へと向かう道と、最初から急な斜面をジグザグに進んでいき双児山(ふたごやま)に登ってから一度軽く下って再び駒津峰へと登り返す道とがあるのですが、今回は後者を採りました。
長い樹林帯を経てのち、ハイマツと処々に潅木の生える程度であたりが一気に開けてくるとじきに双児山(2,679メートル)へと到着します。
北沢峠を出発してからここに到って初めて甲斐駒ヶ岳の姿を仰ぎ見ることができるようになります。白い花崗岩を頂きに纏ったアルペン的山容は、海洋成の砂岩質の山が多い南アルプスにあっては比較的珍しくとても強く印象に残る姿です。手前には緑のハイマツに覆われた駒津峰があり、その右斜面の向こうにちらっと摩利支天も頭を覗かせています。双児山にてその姿を眺めていたら「これからあの山へと向かうんだ」という思いが湧いてきて、気分が高揚してきたのを感じました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

撮影日:2011/10/09
撮影地:甲斐駒ヶ岳登山 双児山より北岳、間ノ岳、塩見岳方面の眺め(山梨県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

私は前者のコースでした。帰路の双児山ではガスが湧いていてこの景色を見られませんでした。北岳、間ノ岳、塩見岳と共になかなかの勇姿ですね~。
とんがった北岳、遠くからも姿のわかる大好きな塩見岳…また行ってみたいです~。

それにしても、1ヶ月の間に駒ヶ岳を2個走破して羨ましい限りです。
またどちらも好天に恵まれてNewmanさんは結構晴れ男ですね~。

ちゅた | URL | 2011年11月04日(Fri)00:43 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ちゅたさんは仙水峠経由で登られたのですね。
行く前に観たNHKの『日本の名峰』では、仙水峠経由と黒戸尾根とが紹介されていました。
次回はぜひそれらのルートも歩いてみたいですね~。

塩見岳は憧れの山のひとつです。
登山口までのアクセスが関東方面からはあまり良くないこともあり、いまだ訪れることなくきてしまっています(汗)
でも、甲斐駒・仙丈からはもちろんのこと、間ノ岳や農鳥岳、反対側の悪沢岳などから遠目に眺めても超カッコイイ山ですよね♪

伊那谷を挟んで東西に聳えるふたつの駒ヶ岳は、どちらもそれぞれに特徴的で雰囲気たっぷりのいい山でした。
ちなみに、木曽駒が晴れたのは自称‘晴れ男’の父のお陰、甲斐駒が晴れたのは統計的に‘晴ればっか’の体育の日の連休ゆえ...ということにしておきましょう(笑)

Newman | URL | 2011年11月04日(Fri)22:24 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。