1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

原生林に囲まれた山上の池

撮影日:2011/09/18
撮影地:七ツ池 二ノ池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


北横岳周辺には七ツ池をはじめ亀甲池双子池が点在し、原生林に囲まれた山上の池を巡るコースを辿ることができます。それらの美しい池は水も澄み渡り、ときに周囲の山や木々を映し込んでいたりして、眺めているととても癒されました。

北横岳蓼科山は活発に噴火を繰り返してきた火山です。溶岩流の創った台地の上には、冬になると豪雪地帯ならではの大量の雪が降り積もります。
また、北八ヶ岳周辺の森林限界は標高およそ2,500メートルほどといわれています。そのためこの辺りの山々は山頂付近まで豊かな森に覆われており、冬の間に豊富な水を蓄えるのです。それらが雪解けを待って溶岩台地に湧き出して、澄んだ水を湛えたこれら大小の個性的な池を生み出すのです。

それでは、北横岳周辺の原生林に囲まれた美しい池の数々をお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

撮影日:2011/09/18
撮影地:七ツ池 一ノ池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/18
撮影地:七ツ池 二ノ池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:亀甲池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:亀甲池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:亀甲池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雌池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雄池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2011/09/19
撮影地:双子池 雄池(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
北八の池巡りに行かれて、良かったですね。
大自然の中の池にひっそりと佇むと心が洗われるような感じがしますね。
ここは行きたいと思いつつも未だ行っていません。
高山の山登りに体力的に不安を覚えるこの頃。北八の池巡りなら出来そうかな。機会があったら、今年の秋にでも行きたいです。

山渓蘭風 | URL | 2011年09月26日(Mon)15:55 [EDIT]


山渓蘭風さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

初めての北八ヶ岳でもあることですし、当初は双子池は通らずに真っ直ぐ蓼科山に向かうつもりでした。
でも、予定を変更し遠回りしてでも「山上の池巡りコース」を採ることにして本当によかったです。

今回私は「北横岳経由で、七ツ池→亀甲池→双子池」と巡りました。
双子池から蓼科山へと向かうかわりに、大石川林道へ進んでからピラタスロープウェイ方面との分岐で片道20分ほど反対方向(東)に寄り道すれば「雨池」まで足をのばすこともできそうですね。
もう少しすれば、双子池の周囲などはカラマツが黄色く色づいてとても綺麗でしょうね〜♪

Newman | URL | 2011年09月26日(Mon)23:06 [EDIT]


Newmanさん、こんばんは。

好天で北八つの真骨頂を極めたという感じですね~。
透明な水に心が洗われる気分だったのではないでしょうか。
苔むしたコースにすばらしい池めぐり、アルプスではなかなか味わえない北八つならではですね。

ちゅた | URL | 2011年09月29日(Thu)21:04 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

いままで、山行というととかく“アルプス的景観”の高山ばかりを好んで選んでいました。
たまたまお誘いを受けて歩くこととなった北八ヶ岳がこんなにも素晴らしいとは!

苔むした原生林と清澄な湖沼とに囲まれて爽やかな北八ツらしい一面に触れることのできた山旅でした。

Newman | URL | 2011年09月30日(Fri)08:36 [EDIT]


Newman様
こんばんは、私は何度か北横岳を訪れていますが、蓼科へのコースはまだ歩いておりません。
澄んだ水が素晴らしいですね、来年にでも是非行ってみたいと思います。

ころぼっくる | URL | 2011年10月01日(Sat)00:22 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

北横岳から蓼科山へと到るルートはいくつかあるようですが、この亀甲池と双子池を経由するルートはオススメですよ♪
今回は北横岳行きにお誘いいただけて本当によかったです。
どうもありがとうございました!

Newman | URL | 2011年10月01日(Sat)06:42 [EDIT]


北八ツ

Newmanさんこんにちは。横北ヒュッテでは大変お世話になりました。北八ツは静かで落ち着くところですね。私はみなさんと別れてから、無事麦草峠まで縦走しました。
あれがきっかけで再び山に魅せられ、体力作りと称して買ったばかりのテントを歩荷して本日仙丈に行ってきました。来週はいよいよnewmanさんいち押しの涸沢です。晴れて行けたらまたご報告しますね。

Daydreamer | URL | 2011年10月02日(Sun)00:21 [EDIT]


Daydreamerさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

今回の北八ツ山行はおたがいとてもいい思い出となりましたね。
ヒュッテにともに滞在していたけっして長いとはいえない間にも、美しい星空を眺めたり、感動的な御来光と朝の風景を楽しんだり、夜は写真を見ながら「邪魔な鉄塔の話」などで盛り上がったり...(笑)
あれから無事に麦草峠まで歩かれたのですね!
私も今回の山行が縁でいつか「北八ヶ岳大縦走」をしたいと思うようになったので、ぜひ折をみて麦草峠までの道中のお話を伺えればと思っています。

昨日は日帰り(?)で仙丈に行かれたのですか?
私がいまだ登り残している3,000メートル峰4座のひとつですので(ほとんどが南アです)、近いうちにぜひ訪れたいと思っています。

28日の朝にNHKニュースで涸沢からの中継がありました。
紅葉にはまだまだといった様子で、見ごろは10月に入ってからとのことでした。
今週はぐっと気温が下がって寒い日が続くといいますので、一気に紅葉が進んでくれると良いですね!
良い山行となることをお祈りしております。

Newman | URL | 2011年10月02日(Sun)08:20 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。