1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木曽駒ヶ岳にいってきました。

撮影日:2011/09/24
撮影地:木曽駒ヶ岳 中岳より木曽駒ヶ岳本峰を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


3連休の前2日間(23日~24日)に、実家の父と一緒に中央アルプス木曽駒ヶ岳にいってきました。
元々は木曽駒ヶ岳から空木岳まで縦走するつもりでいたのですが、諸般の事情により今回はロープウェイで千畳敷カールまで一気に上がってしまい、そこから木曽駒ヶ岳までを往復するにとどめることとなりました。正直なところ少しも息があがるようなことさえなかったくらいに「登山的」には物足りなかったのですが、それでも特に2日目の天気が非常によく、空気は澄み渡り、雲の高度も下山するまでずっと低いままだったので「眺望的」には最高でとても満足いくものとなりました。

ところで、昔は「富士山」が見えるととても嬉しく感じていた私も、最近では「槍・穂高」が見えるとたまらなく嬉しく、そして得したと感じるようになってきました。先週の北横岳からの写真(※前回記事に掲載)に続いて、今回も木曽駒の右稜線のすぐ横に「槍」と「穂高」が写っていますが、決して偶然ではありません。かなり意識してのことです(笑)

今回木曽駒で出会った風景は、また回を追って掲載していく予定です。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
木曽駒に登られたんですか。
Newtonさんにとっては物足りないでしょうが、のんびりと展望を楽しみながらの山登りもいいんじゃないでしょうか。
北八にも行かれたんですね。
富士山は見る山。槍穂はアタックする山でしょうね。登山意欲をそそる山でしょう。機会があったらさらに難度を上げて挑戦して下さい。
応援しています。

山渓蘭風 | URL | 2011年09月25日(Sun)17:45 [EDIT]


山渓蘭風さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

木曽駒はロープウェイを利用して手軽に登れる山ですが、見える風景はまさしく高山のそれです。
聳え立つ岩峰あり、ハイマツに覆われた岩肌あり、遠くに連なる日本アルプスや八ヶ岳連峰などの山並みありで、とてもフォトジェニックな画が期待できるのが魅力です。

そういえば、今回は南アルプスの白峰三山と塩見岳の間に富士山が顔を出しているのが見えました。
たしかに、より登山意欲を唆るのは槍穂の方ですが、端正な姿で見る者誰しもの心を惹きつけてやまないのはやっぱり富士山の方かもしれませんね。

Newman | URL | 2011年09月25日(Sun)22:48 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。