1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

知恩院にて

撮影日:2006/12/02
撮影地:知恩院/法然上人廟堂へと向かう石段より御影堂を望む(京都府)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


清水寺からそのまま北に向かい、知恩院へとやってきました。
知恩院御影堂をはじめ大きくて立派な堂宇が立ち並ぶ広大な寺です。
正直なところ、この時期に訪れたからといって境内を紅葉した木々が埋め尽くしているといった感じではありませんでしたが、それでもところどころにある美しく色づいた葉が黒っぽい色の建物を背景に各々鮮やかさを競いあっているかのようでした。
この法然上人廟堂や勢至堂へと向かう石段の上にも赤や黄色の木々が覆い被さりとても綺麗でした。

実は私が訪れたときこのあたりは工事中で、石段の半分は鉄パイプやらビニールシートやらに覆われお世辞にも風情があるとはいえない状態でした。ということで、この写真も「あまり下の方を写さないように」と気を遣った分、いささか構図に無理があるきらいが...。(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知恩院知恩院(ちおんいん)は、京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は法然である。浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたの

京都探索どっとこむ 2007年07月29日(Sun) 02:41