1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

銀明水

撮影日:2011/07/31
撮影地:富士登山 銀明水(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


以前紹介した金明水(※写真と記事はこちら)と並んで富士山頂に湧き出る雪解け水の泉「銀明水」。こちらは銚子口とも呼ばれる御殿場口の山頂にあります。

夏場は大変水の乏しい富士山にあって「貴重な湧き水が出るところ」としてこの銀明水は昔から御霊水として重宝されてきました。明治から昭和の初期にかけては登山者にその水が無料で振舞われていたそうでその様子を写した昭和初期の写真を私は見たことがありますが、いまはお隣りの富士宮口山頂の浅間大社奥宮で小ボトル入りのものを買い求めることとなっています(価格は500円)。
富士講中興の祖と称された食行身禄(※食行身禄については「富士山でミイラになった人々のはなし」の記事を参照のこと)を描いた新田次郎の小説『富士に死す』には、主人公の伊兵衛(のちの身禄)が奉公先の主人の病気平癒のためにとこの銀明水の竹筒入りのものと壜入りのものとをひとつ5文で買い求めたというシーンが登場しますが、富士講が華やかなりし江戸時代にはいまと同じように御霊水は有料で売られていたのかもしれませんね。

いままで数多くの富士山頂写真を掲載してきましたが、実はこの銀明水の写真を載せるのは今回初めてとなります。というのも、ここを訪れるたび毎回のように銀明水のある銚子口は人が多く、しかも御殿場口山頂を示す石づくりの立派な指導標がこの前にあるため銀明水の鳥居の前に立ってそちらに向かってカメラを構えた人がいつもいるので、なかなか良い写真が撮れずにいたからです。今回は銀明水の鳥居の向こうに富士山第2の外輪山・白山岳(旧名 釈迦ヶ岳)の釈迦の割り石が見えるちょっといい感じの写真が撮影できました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは~

富士山に湧水があるなんて、知りませんでしたv-11何だか、飲むのがもったいないような・・・。
今年は、南アルプスの方へ行くので富士山にも初めてですが、登ってこようと思っています。
須走から行こうと思ってます。

newmanさんは、今年の夏休みはどちらへ行かれるのですか?

季節りょうり | URL | 2011年08月10日(Wed)01:02 [EDIT]


季節りょうりさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

富士山頂に湧くこの銀明水と金明水とは、現在はともに霊水として水を使うお稽古事(お茶や書道など)が上達するようにと買い求められることが多いようです。

富士山の登山ルートの中では、やはり緑の多い須走がオススメですよ。
ムラサキモメンヅルのような他の山であまり見られない高山植物も咲いていますよ。
南アルプスというのは念願の(?)北岳でしょうか?
南アルプスの山はどこも富士山の眺めが素晴らしいので、いまから楽しみですね!
お気をつけて。

> 今年の夏休みはどちらへ行かれるのですか?
8/20より恒例の北アルプス山篭りをする予定でいます。
今回は、立山室堂から別山尾根を辿って剱岳に登るところから始めたいと思っています。

Newman | URL | 2011年08月10日(Wed)06:56 [EDIT]


Newman様
こんばんは、暑い日が続きますね。2年前に白峰三山縦走中に眺めた富士を思い出します。私も吉田口と富士宮口から登ったことがあります。

御来光は素晴らしいものがありますが、関西からはちょっと遠いですね。

ころぼっくる | URL | 2011年08月13日(Sat)00:18 [EDIT]


こんにちは。
お久しぶりです。
この夏は、白馬と富士山に行かれたんですね。やはり、夏は登山がいいですね。私は木曽の御嶽山に行ってきました。富士山にはかなり前になりますが、1度、実家に帰ったときに、5合目から日帰りで登ったことがあります。実家の縁側から巨大な富士が見えるんですよ。
お台場にお勤めですか。毎日ブログに載せたような光景を見ながらお仕事をされているんですね。
2週間前に土曜日ですが、お台場の夕景を撮りに行きました。5時から7時過ぎぐらいにかけ手ですが。ブログにも載せてありますので、良かったら見て下さい。

山渓蘭風 | URL | 2011年08月13日(Sat)08:46 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

あのときの白峰三山縦走の折に見えた富士山のことは私もよく覚えています。
雲がなく裾野までよく見えた1日目、雲海に浮かぶ富士を左手に眺めながら歩いた2日目、3日目の大門沢からの朝の美しい富士の眺めはご一緒できましたね。

思うに富士山は登るよりも遠くから眺めた方が美しいような気がします。
そのはずなのに、毎年のように登っています(笑)

Newman | URL | 2011年08月13日(Sat)23:14 [EDIT]


山渓蘭風さん、こんばんは。

お久しぶりです。
コメントありがとうございました。

富士山は、職場の有志メンバーを募って毎年のように登っています。
最初の富士登山は私も日帰りでした。
富士宮口新五合目から登って、帰りは御殿場口、宝永火口を経由して富士宮口へ戻ったのですが、6人中5人(私以外)が高山病を発症、2人が九合目であえなく引き返すという苦い経験でした。

木曽の御嶽山も信仰登山の山ですよね。
私はまだ登ったことがないのですが、未登頂の3,000メートル峰なのでぜひ近いうちに訪れてみたいと思っています。

台場へは昨年5月に銀座のオフィスから移転したのですが、職場からの景色はお見えになるお客様も口々に「素晴らしい眺めですねぇ」と絶賛されます。
ただ、ゆりかもめに乗って毎日あそこまで通うのは案外と遠く、いまだに慣れません~(笑)

Newman | URL | 2011年08月13日(Sat)23:26 [EDIT]