1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

槍・穂高夕景

撮影日:2011/02/13
撮影地:美ヶ原 王ヶ頭より(長野県松本市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


美ヶ原は絶好の展望地で、天気に恵まれさえすればぐるり360度広がる大パノラマを楽しむことができます。

美ヶ原からの眺めでもっとも楽しみにしていたのが、松本盆地を挟んですぐ西に見える穂高の峰々でした。私にとっては、眺めるにもそして歩くにも大好きな山域です。
しかしながら、昼前に松本に着いたころお目当ての穂高は厚い雲に覆われてしまっていて、辛うじて手前の常念岳が判るかどうかという程度でした。松本から1時間半かけて美ヶ原に着いてから少しすると、幸いなことにヶ岳が顔を出しました。でも、その左の穂高連峰は相変わらずの雲の中。
松本からもよく見える盆地側の高台・王ヶ鼻へと雪上トレッキングにいったりしながら穂高方面を気にしていたのですが、やっと北と前が姿を出したのみで肝心の最高峰・奥穂高岳には雲が纏わりついたまま離れそうにありませんでした。
ホテルの部屋が穂高向きでしたので戻って小1時間ほど様子を見ていましたが、日の入りの前くらいになって漸く待ちに待った奥穂高岳が現れてきてくれました。ジャンダルムまでハッキリと判ります。稜線沿いにあれだけ多くあった雲も消えて、から穂高までのスカイラインが紅く染まりだした空にくっきりと浮かび上がり、このときばかりは「来た甲斐があった!」と本当に嬉しく感じました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
夕焼け空を背景に槍から穂高連峰までの山並みのシルエットがくっきりと浮かび上がっていますね。手前の蝶が岳などの前山も分かります。雪の穂高はやりませんが、夏山なら何度も訪れています。北穂の滝谷の登攀もやりました。前穂の北尾根登攀も素晴らしかったです。その思い出の山域を眺めるのは楽しみのひとつでもあります。
先日、白樺高原国際スキー場に行ったときにも、穂高連峰や後立山連峰を展望でき、スキーよりも撮影に夢中になっていました。

山渓蘭風 | URL | 2011年02月20日(Sun)21:21 [EDIT]


山渓蘭風さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

日中はなかなか全容を現してはくれませんでしたが、ここへきてやっと槍から穂高まですべてが顔を出してくれました!
私も山渓蘭風さんと同じで、その時どきの槍・穂高山行を思い出しながら連なる峰々を目で追ってしまいます。
そして毎度のことながら、特にジャンダルムと滝谷ドーム(北穂ドーム)のふたつはなぜか探さずにはいられません(笑)

Newman | URL | 2011年02月20日(Sun)22:30 [EDIT]


Newmaan 様
こんばんは、夕景のアルプスの風景は素敵ですね。私も10年以上前に観光で美ヶ原を訪れたことがあります。

その時にはバスのガイドさんが展望できる山の説明をされていましたが、私がそれらの山に登ることになるとは思ってもいませんでした。

今年も冬山を今日の伊吹山で7回登ってしまいました。かなりハイペースな今日この頃です。

ころぼっくる | URL | 2011年02月21日(Mon)00:21 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

夏場は午後になると安曇野の方から雲が湧いてきてしまったりしますが、冬は比較的終日天気の良いことが多いようです。
この日も最後は夕刻の赤らんだ空をバックに素晴らしい槍・穂高を見ることができました。

今年に入ってもう7座目ですか!かなりのペースですねぇ!
毎度のことながら、ころぼっくるさんの行動力には頭の下がる思いです。

Newman | URL | 2011年02月21日(Mon)06:04 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。