1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

女体山頂からの眺め

撮影日:2011/01/30
撮影地:筑波山 女体山頂(茨城県つくば市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


筑波山の双耳峰のうちのひとつ、女体山頂(877メートル)からの眺めです。

実はこのアングルの写真は過去2度ほど掲載したことがあるのですが(※記事はこちらこちら)、そのときとは違って今回は雲が出てきてしまっており富士山が見えませんでした。それでも、関東平野の北東端に位置するこの山からの眺めは格別で、なによりも関東平野の広大さを身をもって感じられる点が最大の魅力かもしれません。
女体山頂からは、筑波山のもうひとつの峰・男体山の形がとても美しく見えます。男体山頂が木々に覆われて女体山側の展望がいまひとつなのと較べると、こちらの女体山頂は岩がちなこともあってか展望が抜けていてオススメです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2011/01/30
撮影地:筑波山 女体山頂(茨城県つくば市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


こちらは東京方面の眺め。結構雲が出ていたのですが、それでも建設中のスカイツリーまでもがハッキリと見えました。真下には筑波山神社が鎮座する鎮守の杜が控え、その向こうに広がる田圃ではまだ野焼きの煙が昇っていました。



撮影日:2011/01/30
撮影地:筑波山 女体山頂(茨城県つくば市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


筑波山ロープウェイ側の景色。つつじヶ丘から女体山までの1,296メートル、高低差298メートルの区間をおよそ6分の所要時間で結びます。
筑波山から続く山並みの先には、わが国2位の湖となる霞ヶ浦が見えています。



撮影日:2011/01/30
撮影地:筑波山 女体山頂(茨城県つくば市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


女体山の最高点となる岩越しに加波山を望みます。筑波山と並び古来山岳信仰の対象とされてきた山で、明治17年(1884年)に起きた加波山事件の舞台として全国的にしられるようになりました。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
筑波山にはたぶん2回ほど登っていると思いますが、2回とも岩のある女体山で、男体山は行っていません。女体山は展望が好いですよね。下山路には大岩が幾つもあったような記憶があります。

山渓蘭風 | URL | 2011年02月07日(Mon)14:40 [EDIT]


山渓蘭風さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

筑波山はロープウェイやケーブルカーでも気軽に登れるので、観光地の延長的なところもあります。
かくいう私も今回はケーブルカー利用でした(笑)
でも、女体山からの眺めはホンマモンですよね~♪

> 下山路には大岩が幾つもあったような記憶があります。
大岩が幾つもあったということですと、ロープウェイのつつじヶ丘方面に下りられたのかもしれませんね。

Newman | URL | 2011年02月07日(Mon)21:16 [EDIT]