1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 2日目 その1

撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 横岳より、赤岳から阿弥陀岳に至る稜線(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


少し間が開いてしまいましたが、八ヶ岳縦走のつづき(2日目)です。

硫黄岳山荘では、タルチョ祭という山の安全を祈念するチベットの祭りが行なわれました。その儀式のあとで、ころぼっくるさんや同泊したご夫婦と一緒に、横岳岩場手前に群生しているというツクモグサ(九十九草)を見にいくこととなりました。
この日は、前日と同様に朝から濃い霧に包まれていましたが、風は前日のように強くはなく気温もそれほど下がらなかったので、梅雨の最中にしてはまずまずの出だしでした。


八ヶ岳縦走南八ヶ岳)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 横岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


横岳の岩場手前の斜面には、可憐なツクモグサの花が咲いていました。絶滅危惧種のIB類(近い将来における野性での絶滅の危険性が高いもの)に指定されている種で、北海道の一部以外では北アルプスの白馬山系とこの八ヶ岳でしか見られない花です。太陽の光が射さないと花弁が開かないためどの花もこの程度でしたが、岩場に咲く細かい綿毛に覆われた黄色い花はとても愛らしく思いました。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 横岳の奥ノ院を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ここから先は、この縦走路きっての難所とされる横岳・奥ノ院への岩場が始まります。昨日からご一緒いただいたころぼっくるさんとは、この場所でお別れしました。

「横岳の岩場はかなり急峻で、片側がスパッと切れ落ちた断崖をトラバースしたりする」ということだったのでそれなりに覚悟をしていたのですが、実際には、険しさも、また長さも昨秋の北穂高岳~涸沢岳間の岩峰歩きほどではなかったようで、少々期待はずれだった感はありました。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 横岳南端の日ノ岳付近より主峰赤岳を望む。赤岳の右には南アルプスの甲斐駒ヶ岳が見える(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


横岳の岩場のいくつかを辿りながら横岳南端の日ノ岳付近までやってくると、目の前に主峰赤岳の堂々たる姿が望まれます。ここからの赤岳は天を突くように屹立するさまがとても格好良く、この位置から撮影した写真をよく見かけます。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 地蔵ノ頭(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


日ノ岳から先は横岳を一気に下ります。多少の登り下りを繰り返しながら稜線の穏やかなところまでやってくると地蔵ノ頭です。行者小屋方面からの地蔵尾根を辿る道はここで稜線に合流しています。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 赤岳天望荘(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


地蔵ノ頭から緩やかに登り返すと赤岳天望荘です。いわゆる肩の小屋といった感じで、ここから赤岳山頂まで一気に登ります。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走南八ヶ岳) 赤岳北斜面の登り(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


赤岳山頂へと続く北側の斜面は結構急ではあるのですが、実際に歩いてみるとそれほどキツくはありませんでした。最初、赤岳天望荘からしばらくは砂礫の斜面をジグザグに登っていき、途中からは岩が露呈した傍らにハイマツの生える斜面を直登して一気に高度を稼ぎます。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 赤岳 南峰山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


最初に辿りつく赤岳頂上山荘が建つところは北峰で、そこから30メートルほど奥が一等三角点が設置された南峰山頂となります。赤嶽神社が祀られています。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 赤岳 南峰山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


点名「赤岳」の一等三角点。晴れていれば、この場所からの眺めはきっと格別なものなのでしょう。生憎と厚い雲のため富士山や南アルプスの側の展望がいまいちでした。そして、一番楽しみにしていた北アルプスの槍・穂高方面の眺めはまったく駄目でした。



撮影日:2010/06/20
撮影地:八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 赤岳 南峰山頂より阿弥陀岳を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


赤岳山頂に着いたのは、まだ9時半よりも前でした。30分ほど山頂でのんびりしていましたがまだまだ時間もあるようでしたので、予定にはなかった阿弥陀岳へも向かうことにしました。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newman様
こんにちは、やはり夏にならないと天気は期待できないようですね。天望荘に設置されているのは風力発電装置でしょうか?

以前ツアーで行った時には無かったような気がします、また天気の良い時期に御一緒したいですね。Newmanさんの踏破力について行けるようにがんばります。


ころぼっくる | URL | 2010年09月12日(Sun)16:41 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

このときの山行は梅雨どきでしたから、確かに天気はいまひとつでしたね。
むしろ雨が降らなかっただけ良しとしないと...(^^;

赤岳天望荘に泊まれば、翌朝の御来光を山頂で拝めそうですね。
阿弥陀岳へもいってみたいことですし、ぜひまた南八ツを縦走したいと思います。

Newman | URL | 2010年09月13日(Mon)05:55 [EDIT]