1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【特別企画】北アルプス山篭り 2010

撮影日:2010/08/23
撮影地:燕山荘付近より表銀座縦走路を望む 左より大天井岳、穂高連峰から槍ヶ岳への稜線、右後方は笠ヶ岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


8月22日から29日まで、毎夏恒例の北アルプス山篭りにいってきました。
今年は前半を表銀座縦走に充て、槍ヶ岳から先は裏銀座方面へと出て黒部源流域に聳える名峰を訪ね歩くという、北アルプスの核心部を思う存分に満喫できた7泊8日の山旅でした。

北アルプス山篭り 2010 の行程
8/22:中房温泉~合戦尾根~燕山荘~燕岳(つばくろだけ)往復~燕山荘(泊) ※実家の父と
8/23:燕山荘~大天井岳(おてんしょうだけ)~大天荘(泊) ※実家の父と
8/24:大天荘(大天井岳)~西岳~ヒュッテ西岳~水俣乗越~東鎌尾根~槍ヶ岳槍ヶ岳山荘(泊)
8/25:槍ヶ岳~西鎌尾根~双六小屋~中道~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎(泊)
8/26:黒部五郎小舎~カールコース~黒部五郎岳~稜線コース~黒部五郎小舎(泊)
8/27:黒部五郎小舎~三俣山荘~鷲羽岳~ワリモ岳(割物岳)~ワリモ北分岐~水晶岳~ワリモ北分岐~黒部源流~三俣山荘(泊)
8/28:三俣山荘~鷲羽岳(往復)~三俣峠~巻道~双六小屋(泊)
8/29:双六小屋~鏡平~小池新道~新穂高温泉

今回の山行は大変な長丁場となっただけに、さまざまな素敵な方々や、素晴らしい風景の数々との出会いがありました。8日間を通して比較的天候に恵まれたこともあり、お会いできた方たちとの会話や、目の前に広がる絶景を楽しみながらの最高の山歩きを満喫し、おかげさまでとても良い思い出ができました。
また、思わぬハプニングにも見舞われました。特に25日に西鎌尾根を下り、双六小屋から黒部五郎小舎へと向かう間には、熱中症のような症状に陥ってしまい始終頭が痛く足元はふらふらといった状態でした。この間を休み休み4時間半もかけて(しかも最後には容赦ない夕立に打たれながら)やっとの思いで黒部五郎小舎に到着したのでした。こちらの小屋のスタッフの方々には大変お世話になりました。

さて、長かったあの北アルプス山篭りからもすでに1週間が経ってしまいました。今回の北アルプス山行の間に撮影した写真は、一眼が894枚、コンデジで撮ったものは実に1,671枚にも及びました。そのうち一眼で撮ったものの中から選んだ75枚を一挙公開させていただきます。私の拙い写真では、あのとき実際に目の前に広がっていた絶景の圧倒的な素晴らしさを再現するには遠く及びませんけれども、それでも感動的な大自然の織りなす景色の何分の1かでも味わっていただければ幸いです。
それでは、どうぞお楽しみください。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/08/22
撮影地:燕山荘に到着してじきに、山荘前からブロッケンが見えた(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:ホシガラス 燕岳へと向かう稜線で(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:燕岳山頂付近(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:燕岳山頂より、燕山荘方面の稜線(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:燕岳山頂より、北燕岳を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:燕岳山頂直下のメガネ岩(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/22
撮影地:メガネ岩と燕岳山頂を振り返って(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:朝の富士山と南アルプス(甲斐駒ヶ岳、北岳など) 燕山荘前より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:同じく朝の八ヶ岳連峰 燕山荘前より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:燕山荘前からの御来光 2年前のように面白みのある日の出ではなかったが(※記事はこちら)、その代わりに槍や裏銀座の山々のモルゲンロートが見られた(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:朝日を受ける燕岳 燕山荘前より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:モルゲンロートに染まる槍と表銀座縦走路 燕山荘の裏手より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:モルゲンロートに染まる槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳と続く峰々。手前稜線の特徴ある岩は蛙岩(げえろいわ) 燕山荘の裏手より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:左から笠ヶ岳(奥)、樅沢岳、双六岳、丸山、三俣蓮華岳黒部五郎岳(奥)、鷲羽岳、ワリモ岳(割物岳)、水晶岳 燕山荘出発前に(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:燕岳とその左奥に立山、剱岳 燕山荘より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:表銀座縦走路とその奥に連なる槍ヶ岳から穂高連峰へ続く稜線 燕山荘付近より(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:表銀座縦走路途上の蛙岩(げえろいわ)手前にて(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/23
撮影地:大天井岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:朝の大天井岳山頂(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:朝の大天井岳山頂より 大天井岳から西岳までは、写真左の前穂高岳を前方に見ながら進んでいくかのようだった(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:西岳よりやや手前にて 槍ヶ岳下のY字雪渓がよく目に付く(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:水俣乗越を過ぎた梯子の連続する辺りで 東鎌尾根に入ると目指す槍も近づいてくる(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:ヒュッテ大槍からの槍ヶ岳 この辺りからの槍ヶ岳は円錐形がとても美しい(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:殺生ヒュッテへいく道との分岐点付近にて(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳の肩まであと300メートルほどの地点 大槍の南側を巻くように回り込んで進む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳の肩にて このアングルの槍の穂先はひと月振り(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳の穂先へと向かう(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:小槍...といっても高さ80メートルもある岩峰(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳山頂 小槍を見下ろす。さすがに「アルペン踊り」を踊っている人はいなかったw(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳山頂 この日の到着前に山頂の祠が新しいものに取り替えられたらしい。左は「成果=亡失」の三角点(現在は水準点扱いとされている)(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/24
撮影地:槍ヶ岳山頂 槍沢方面俯瞰(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍ヶ岳の肩より 御来光と同時にそれまで立ちこめていたガスが一気に晴れだした(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:今回3度目の槍の穂先登り。途中からの小槍の見え方も時間や天気の違いでこうも雰囲気が変わるもの...(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍ヶ岳山頂 影槍が伸びていた(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍ヶ岳山頂 穂高連峰方面の眺め。思えばひと月前はあそこを西穂まで縦走した(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍ヶ岳山頂(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍の穂先を見上げる(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:槍の穂先を見上げる テン場の方まで下がると、穂先の右に大天井岳がいい感じに収まる(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:千丈沢乗越より裏銀座の山々の眺め 西鎌尾根下り行く手の先に鷲羽岳水晶岳が望める(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:千丈沢乗越からの槍ヶ岳の姿は、小槍がより大きく映るためちょっと他では見られない姿をしている(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/25
撮影地:西鎌尾根をさらに下ったところで槍を振り返る(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳カールより(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳カールより(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳 カール内には羊背岩が転がる中いたるところに清流が流れ、さながら楽園のような美しさだった(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳 カール上部の雪渓にはここ数日熊の目撃情報が...(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳山頂 後方の雲間からは水晶岳が顔を出した(富山県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳 稜線コースにて山頂部を望む。この山の飛騨側での呼称は中ノ俣岳(富山県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/26
撮影地:黒部五郎岳の稜線コースにて 裏銀座・読売新道方面の雲が晴れた。左から赤牛岳、水晶岳、ワリモ岳、鷲羽岳(富山県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:黒部五郎小舎より三俣山荘へ向かう途中で黒部五郎岳の眺めが素晴らしかった(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:三俣山荘へと向かう巻道で 枯れたハイマツと鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳とつづく稜線(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:表銀座の山並みなど(右から槍ヶ岳と北鎌尾根、常念岳(奥)、大天井岳) 三俣山荘への巻道途上、雪渓を渡る手前で(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽乗越付近から鷲羽岳を見上げる(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽岳山頂 鷲羽池越しに見る槍ヶ岳(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽岳山頂 祖父岳と黒部源流(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽岳山頂 三俣蓮華岳、丸山、双六岳(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽岳山頂 日の光の当たり具合によって、鷲羽池の色は刻一刻と変化する(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:鷲羽岳山頂(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:三角点のある水晶岳北峰より最高点のある南峰を眺める(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:水晶岳南峰山頂(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:黒部源流 岩苔乗越から少し下ったあたり(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/27
撮影地:黒部源流(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:朝の表銀座稜線のシルエット 三俣山荘前より(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:鷲羽岳の稜線から日が昇った 三俣山荘前より(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:三俣山荘前より(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:鷲羽岳山頂にて、ふたたび(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:鷲羽岳山頂 左手前に丸山と三俣蓮華岳、右奥は黒部五郎岳(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:鷲羽岳山頂 イワヒバリ(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳 三俣峠付近(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:双六岳の特徴的な台地を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:双六岳付近 登山道に姿を現したライチョウ(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/28
撮影地:双六岳付近 今年孵ったライチョウもすっかり親と同じ羽に生え変わった(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/29
撮影地:鏡平 池に映る槍の稜線(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/29
撮影地:鏡平 穂高の稜線(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



撮影日:2010/08/29
撮影地:鏡平 池に映る槍・穂高の稜線(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年09月05日(Sun)16:15 [EDIT]


Newmanさん、こんばんは。

投稿お待ちしておりました。
1週間の山ごもりとは羨ましい限りです。
やはり天気は全般的によかったようですね。
とにかく下界は暑くて暑くて…。今頃Newmanさんは好天のアルプスを闊歩しているんだろうなぁ~なんてちょっぴり悔しかったですよ~。
今はてんこ盛りの思い出と満足感に浸っておられることでしょう。
これからのお仕事頑張れますね~~~。

ちゅた | URL | 2010年09月05日(Sun)18:44 [EDIT]


9/5 16:15の鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。

双六小屋コンサートの翌朝は、平湯で高速バスの予約をするため早々に小屋を出発してしまいました。
でも、実際のところは松本まで出て電車に乗った方が断然早かったですね(笑)

イワヒバリは稜線でよく見かける鳥ですが、いつもスズメのように忙しなく動いているのでなかなか良いショットが撮れずにいました。
今回は同じ岩に2羽とまってくれたことで、双方の動きが一瞬ストップしたところをとらえることができました。

八ヶ岳はアクセスの面でも、また北アルプスなどに比べ稜線まで比較的楽に出られるという点でもいいですよね。
その上、南八ツの雰囲気はアルペンムードもたっぷりですし。
私も阿弥陀岳まで行く予定でいたのですが、このときは思わぬハプニングが...。
続きは「八ヶ岳縦走(南八ヶ岳) 2日目 」の記事に書こうと思っています。

コンデジで撮った写真は「山行記録の記事用に」と思っているのですが、この調子だと一体いつ記事が書けるのか...(汗)
我ながら“面倒くさがりな性格”をどうにかしないと駄目ですね~。

Newman | URL | 2010年09月05日(Sun)22:00 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
写真の掲載、大変おまたせいたしました。m(_ _)m
下山の翌日の仕事が請求締め処理の一発目(月末締め以外の処理日)でしたので、それ以降は実際のところ昼間はゆっくり休む間もなく台場で働き続けた1週間でした。
帰宅したら脱力してしまって、もう写真の整理もなにも手に着かないような状態で...(汗)

> やはり天気は全般的によかったようですね。
天気に恵まれたのは良かったのですが、熱中症には正直参りました~。
それと下界ほどではないにせよ、今年は山の上も暑かったですよ。
三俣山荘の受付スタッフの方が「こんな天気じゃ、小屋の中にいても熱中症になっちゃいますよ...」とこぼしていたくらいですから(笑)

三俣蓮華岳や鷲羽岳では、私も以前ちゅたさんからいただいたコメントのことを思い返していました。お互いなんとも偶然ですね~。
今回、鷲羽岳山頂からは「鷲羽池越しの槍」の眺めについてもリベンジを果たせました。しかも2度も!
「鷲羽のあんな急な登り、1回の登山で2度も登らないでしょう...普通は...」って、双六小屋では指摘されてしまいましたけれども(笑)

Newman | URL | 2010年09月05日(Sun)22:34 [EDIT]


Newman様
こんばんは。長距離の山旅御疲れ様でした。私は一週間後の28日に、燕岳に登っていました。クラシックコンサートは弦楽器だけでしたが、感動しました。

1週間もの期間を登山にかけることが出来るのはうらやましいですね。退職後にでも考えてみましょうか(体力が不安ですが)。

ころぼっくる | URL | 2010年09月05日(Sun)23:51 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

燕山荘に泊まったちょうど1週間前、夕食後のお話の中でコンサートの話題も出てきましたよ。
「ころぼっくるさんが、コンサート鑑賞のために登られるんだな」と思いました。
澄みきった山上での空気の中で、さぞかし美しい弦楽の響きがしたことでしょうね~♪

一度は表銀座を歩かれてみたいとのことでしたが、ご一緒できる機会がもてると良いですね。

Newman | URL | 2010年09月06日(Mon)06:14 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年09月08日(Wed)00:01 [EDIT]


9/8 0:01の鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。

私も、写真を撮ることは撮るのですが、帰ってきてからの整理や活用が億劫なんです...。
今回の山行の写真もやっとのことで(笑)選んでアップしました。

私は北八ツへは行ったことがないのですが、数年前に天狗に登った友人の話では道中ずっと美しい樹林帯が続くといった感じのようです。
最後にちょっとした岩場の登りがあったようです。
私の中では、北八ツといえば「森と池」というイメージがあります。

Newman | URL | 2010年09月08日(Wed)07:10 [EDIT]


Newmanさん、こんばんは。

二度目のコメント恐縮です。
熱中症、大変でしたね。今年は特に暑いですものね。
私が先日登った伊吹山も、倒れた方がおられて消防のヘリが飛んできてつり上げていたようです。
ご無事で何よりです。

たくさんのすばらしい写真ですね。
お花の中の雷鳥や、鏡平も綺麗です。
山はずいぶん前に登ったところでも景色を覚えているのが不思議ですね~。懐かしく拝見しました。
鷲羽は私が登頂した際には大いにガスっていて、こんな景色だったんだ~とあらためて見入ってしまいました。

槍ヶ岳は、CM撮影で待たされることはなかったですか?(^^;

ちゅた | URL | 2010年09月10日(Fri)00:20 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございました。

北アルプス山篭りから帰ってきてからというもの、どうもなんともいえぬ脱力感が...(笑)
思えば、昨年もひと月くらいは山歩きに出ず、その後は反動からか白峰三山縦走、穂高縦走、赤石・荒川三山縦走を立て続けにやって、結果腰を痛めてしまいました(汗)
ちゅたさんの「滝」や「伊吹山マラソン」の記事も拝見させていただきました。
この土日にでもまたゆっくり遊びに伺わせていただきますね♪

熱中症は初めての経験でした。
本当にあんなにも歩くことがツラくなってしまうとは...。
水分も気をつけて摂っていたつもりなのですが、空気の澄んだ山の中で陽射しに晒されるとその分かなりのダメージを受けてしまうものなのですね。
いい経験になりました。

鷲羽池越しの槍ヶ岳は、昨年ガスで見られなかったこともあり1年越しの念願が叶ったといった感じです。
私の携帯電話のいまの待ち受け画面です♪
そして、鏡池の逆さ槍・穂高は2年越しです~。

ちゅたさんは、槍ヶ岳でCM撮影のため待たされたことがあるのですか?
幸いこの1年で3度目の槍でしたが、一度もそういったハプニングには遭遇していませんね~w


【付記】
↓これのことですね...?(^^;
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?yr=2010&mn=9&nid=2020

Newman | URL | 2010年09月10日(Fri)07:14 [EDIT]


北アルプスの写真、素晴らしいですね~ 
PCの前で、ため息ついて堪能しました。。 
 
黒部の源流付近、本当に綺麗!!! 
 
今年は紅葉を撮りにどこかに行かれるのですか? 

季節りょうり | URL | 2010年09月14日(Tue)10:55 [EDIT]


季節りょうりさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

PCの前でため息をついていただけたとは、なんとも嬉しいコメントです。
今回の山旅は天気もよく、本当に素晴らしい景色との出会いの連続でした。

黒部源流域は大好きな場所で、今夏で3年連続歩いています。
北アルプス最奥の地域に数えられるところですが、ここを訪れるととても癒されます。
また、鷲羽岳や水晶岳などといった周辺の山々も実に素晴らしいですね。

そういえば、もうじき山は紅葉のシーズンなのですね。
まだどこへ行くかは決めていないのですが、紅葉の美しいところへ出掛けたいですね~。

Newman | URL | 2010年09月14日(Tue)23:46 [EDIT]