1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【番外編】キタダケソウを見てきました。

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


この土日は天気が良さそうだったので、急遽北岳にいってきました。

今回の目的のひとつはキタダケソウ(北岳草)。梅雨のひと時に北岳の山頂付近にしか咲かない花です。
出掛ける前にネットなどで調べてみたところでは、八本歯のコルから吊尾根分岐の下へと続くいわゆるトラバース道のキタダケソウ群生地では、例年どおり先月26日前後には見ごろを迎えていたようでしたので「あるいは、もう咲いていないんじゃないか...」と心配もしていたのですが、幸いそこよりも標高の高いキタダケソウがもっとも遅くに花を咲かせるという場所で、いままさに満開のキタダケソウと出会うことができたのでした。

憧れだったキタダケソウの花は、私の好きなハクサンイチゲの間に混じるようにしてその気品あふれる美しい姿を見せてくれました。「世界でもこの場所にしか咲かない幻の花」ということが、更に美しさを後押ししているようにも感じられます。2万年前の氷河期に北方からやってきたキタダケソウの花と、遠く南太平洋のイースター島の辺りの海底とがこの地で出会ったという壮大な物語については以前ご紹介しましたが(※記事はこちら)、そんなことに思いを馳せながら長いこと(実に1時間以上!)ひとりこの場にいたのでした。

今回の北岳山行は、梅雨の合間とは思えないほどの好天の中を気持ち良く歩くことができました。このキタダケソウ群生地では、それまで雲のかかっていた間ノ岳山頂付近や、北岳山頂で見たときには完全に雲に隠されてしまっていて見えなかった塩見岳(こちらも憧れの山です!)もその姿を現してくれました。
夕暮れも押し迫ってきた18時頃、この場にはもう私ひとりしかいなかったのでじっくりと撮影に集中できました。そして、手前にキタダケソウを収めバックに白峰三山縦走路や塩見岳など南アルプスの錚々たる山並みをパンフォーカス気味にとらえた上に掲げたような写真を撮ってみました。初夏の北岳からの雰囲気を少しでも味わっていただければと思います。
余談ですが、上の写真はかなり無理のある体勢で撮影したものです。人ひとり通れる程度の狭い道に横になったまま重いカメラを抱えていたので、腕がツッて仕方がなかったです(苦笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/07/10
撮影地:北岳(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newman様
こんばんは、私も4年前にキタダケソウに会って来ました。寒い風が吹く稜線に咲く花に感動しました。思い立ってすぐ行動に移せるのはすごいと思います。10日は燕岳のコマクサに出会い、燕山荘の赤沼さんのアルプホルンを聴くことが出来ました。ブラームスの1番の有名な旋律が山小屋に響くのがなんとも言えませんね。

ころぼっくる | URL | 2010年07月11日(Sun)23:05 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

岩場の厳しい環境下に咲くキタダケソウの可憐で透明感ある姿は実に感動的でした。
登山天気予報を見て急遽決めた北岳行きですが、思い切って出掛けてみて本当によかったです。

土曜日は、燕岳でも天気が良かったみたいですね。
白い砂礫に咲くコマクサも素敵ですよね♪
記事の更新を楽しみにしています。

Newman | URL | 2010年07月12日(Mon)06:24 [EDIT]


Newmanさん、こんばんは。

北岳ですか?いいなあ~。
南アルプスで一番行きたいのが北岳です。
先週の降水確率の予報はよくて30%位だったと思いますが、意外と天気がよくて何よりです。
キタダケソウとても綺麗ですね。

塩見はいいですよ~。私は昨年に続き、10日にまたも塩見に日帰りで予定していましたがメンバーの都合で中止になりました。

私も景色を見ながら1時間以上一人でボーッとするのが大好きです。
今週もたかが里山の頂上に、昼食時でしたが1時間25分も一人でボーッとしてました(^_^;)。

ちゅた | URL | 2010年07月12日(Mon)22:28 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

北岳山行は予定にはなかったのですが、土曜の天気が良さそうでしたので行ってみることにしました。
この1年間で3度目の北岳でしたが、相変わらず登りはキツかったです。
それでも今回は良い天気に助けられて、悪天候だった1年前の苦行のような登りは避けられました。

キタダケソウはやはり感動ものでしたね。
どことなく透明感のある花弁が陽に輝いてとても美しかったです。

塩見岳いいですね~。
南アルプスの山の中では、いまもっとも憧れている山です。
「鳥倉林道から三伏峠を通って」というのが一般的かと思いますが、「仙丈から赤石山脈主稜線を辿って塩見へ」というのも憧れます。
帰りは「三峰岳から間ノ岳へと出て広河原へ下りる」のもいいですね。
かなりの長丁場ですが...。

今回、上の写真を撮ったあと19時半くらいまで北岳山頂にいました。
いつも多くの人で賑わう北岳山頂も、この日は独り占め状態でした♪

Newman | URL | 2010年07月13日(Tue)06:54 [EDIT]