1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

奥穂山頂からの眺め その1

撮影日:2009/09/28
撮影地:奥穂高岳山頂より(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


相変わらず雨は降り続いていましたが、ガスが少なく比較的遠くまで見渡せたので奥穂高岳山頂からの眺めは最高でした。

まず、なんといっても目につくのは、西穂高岳へと続く縦走路の途中に位置するジャンダルムの岩峰。周囲の険しい峰々の中にあってひと際高く聳える孤高の姿は何とも言いようもないくらいにカッコイイものでした。
その左には、西穂高岳から割谷山を経由して焼岳へと続く稜線が見えます。私にとって2度目の北アルプス山行で辿った思い出の縦走路。上高地方面との分岐から先、焼岳小屋までは誰一人として他の登山者と出会うことのなかったという本当に静かな道でした(※西穂高岳・焼岳縦走の記事INDEXはこちら)。

奥穂高岳から西穂高岳へと至る縦走路は、北アルプスの中にあってもっとも険しい一般ルートとされています。いつかこの峻険な道をこの脚で辿ってみたいものだと、この時そう思いました。


※穂高連峰縦走(含 涸沢の紅葉)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/28
撮影地:奥穂高岳山頂より(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


視線を右に移すと、飛騨の名峰笠ヶ岳がどっしりと構えています。
ひと月ほど前に笠新道の急登からあの山頂まで、そのとき同行していた父とともに終始穂高の山々を眺めながら登りました。いまはその逆方向からあのときの山を眺めています(※笠ヶ岳登山の記事INDEXはこちら)。



撮影日:2009/09/28
撮影地:奥穂高岳山頂より(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ジャンダルムと西穂稜線を挟んで反対の左側には、今日の最終目的地となる上高地が見下ろせます。この奥穂高岳山頂にやってくるまではこちら側の景色は見ることができませんでしたが、これから先はずっとこの上高地を見下ろしながら歩いていくこととなります。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

ジャンダルム、本当にかっこいいですね~。
しかも奥穂の山頂の間近に。
ガスが切れて何よりです。

北アルプスは派手な見所があって、その中でもやはり穂高連峰は中心的な存在ですね~。
一級の高度感、展望…最高です。
でも奥穂から向かいの独立峰の笠の大きさも一級ですね。
それに比べ、スリル満点のコースから見下ろす上高地はちょっぴり軟弱にみえたりします~。

ちゅた | URL | 2010年07月07日(Wed)22:25 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ジャンダルムって、ホントかっこいいですよね~♪
"gens d'armes"(武装した人=憲兵、転じて前衛峰の意の仏語)って名前にもグッときます(笑)

このときの山行で、穂高が一気に大好きになりました。
「一級の高度感、展望…最高です。」とのご指摘、まさにその魅力にハマッてしまいました!!

この日は下の穂高岳山荘にいるときから笠がよく見えていました。
笠ヶ岳もいい山ですよね~。また登りたいです♪

Newman | URL | 2010年07月07日(Wed)23:49 [EDIT]