1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

見られないと思っていた御来光

撮影日:2009/09/28
撮影地:穂高岳山荘前より(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


穂高岳山荘に宿泊したその翌朝、雨が降ったりやんだりで天気はよくありませんでした。あまり期待はしていなかった御来光も、当然のことながらこの天気では見られそうにありません。
日の出の時刻に山荘のテラスに出てはみたものの、空はどんよりと曇っていて寒風が吹きすさんでいたのでした。

食堂で朝食をとっていたところ外の方がちょっと騒がしくなってきました。食堂にいた誰かが「太陽が出てきたぞー」と叫んだので、この山荘名物の朴葉味噌を放っぽり出して(笑)急いでテラスまで飛び出していきました。

常念岳から蝶ヶ岳へと続く稜線の上に、雲の切れ間から御来光が顔を覗かせていました。手前には前穂高岳から屏風岩にかけての峰々に囲まれるようにして、涸沢カールの御椀の底のような地形が見下ろせます。
「まず見られることはないだろう...」そう思っていた御来光だっただけに、なんだか今日1日とても良いことが起こりそうなそんな気さえしたのでした。


穂高連峰縦走(含 涸沢の紅葉)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんにちは。

山でのご来光は、あるのとないので大違いですね。
常念とセットのご来光、最高ですね~。
私は、ここで夕方にブロッケン現象が見られました。

涸沢岳の岩場は、当時(25~30年位前)ははしごはあまりなかった記憶があります。鎖は若干あったかなあと思います。
登るだけでも結構スリルがありました。

ちゅた | URL | 2010年07月03日(Sat)10:40 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

見ることができないものと諦めていた御来光が見られたというのは、それだけで「よかった!」と思えてしまうくらいに嬉しいものです。
それに、仰るように常念のピラミダルな山容と御来光とのセットは最高でした!

ここでブロッケンに遭遇されたとは素敵ですね~♪
ときに自然は、我々には思いもよらないような素晴らしい贈り物をしてくれるものですね。

去年涸沢岳の岩場を歩いたときには、鎖や梯子が整備されてとても歩きやすかったです。
そういえば、設置されていたのも錆びていないステンレス製と思われる新しい鎖が多かった気がします。
我々が安心して岩峰歩きをできるのも、こうした整備に尽力くださる方々のお陰なんですよね~。

Newman | URL | 2010年07月03日(Sat)20:40 [EDIT]