1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北穂高岳から涸沢岳へ

撮影日:2009/09/27
撮影地:北穂高岳 滝谷ドーム(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


北穂高岳より涸沢岳までの道を辿ります。

北穂南稜分岐から先の稜線はやせた尾根の登下降が続きます。少し進むとやがて目の前に滝谷ドームが姿を現し、そこをペンキ印を忠実にたどりながら涸沢カール側へと巻くようにして通過していきます。
下降地点の所どころに鎖場があるものの、正直あまり鎖には頼らずに岩自体をしっかりとホールドした方が却って降りやすいのではとの印象を受けました。なによりも終始ゴツゴツとした岩稜の連続で、そこを登ったり下ったりするのがとても楽しかったです。


穂高連峰縦走(含 涸沢の紅葉)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/27
撮影地:北穂高岳 滝谷ドーム涸沢岳(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


涸沢岳との間の最低コルに近づいたころ、涸沢岳側からやってきた若い登山者の方が「この先の最低コルから先は、(涸沢岳への登りの)鎖場の連続でまったく休憩できる場所がなくなるので、最低コルでは水分補給をし十分に休息をとっておくように」とのアドバイス(というか、力説w)をいただきました。それを聞いて「まだまだこれから先がむしろ正念場なのだな...」などと思いながら、あと数時間のうちには訪れるであろう「危険地帯」に“恐怖心”よりもむしろ“期待感”というか“ワクワク感”みたいなものを持ち始めていたのでした。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。