1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北穂南峰

撮影日:2009/09/27
撮影地:北穂高岳南峰への道(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


北穂高岳の北峰を出発してからじきに、来るときに通った北穂高岳北峰方面と涸沢カール方面、それと涸沢岳・奥穂高岳方面との分岐点となる南峰分岐まで戻りました。ここからは進路を涸沢岳・奥穂高岳方面へととります。

そのまま先へと向かっても良かったのですが、せっかくなので北穂高岳の南峰へも寄り道することにしました。涸沢岳方面への道にはペンキで丸印や矢印が書かれていましたが、南峰の方へと向かう道(道というには些か微妙ではありましたしたが...)にはそういった印はつけられていませんでした。
涸沢岳へと続く登山道のすぐ右脇に一段高くなったように岩が積み重なったところがありそれが北峰の方向にスイッチバックするように高みへと延びているので、そこを辿っていくことにしました。登山道脇の折り返し地点にザックをデポして南峰山頂へと向かいます。大小の岩が積み重なってはいるものの浮石だったものはそう多くなく、比較的足場は安定していました。デポ地点から1分ほどで、周囲よりも一番高いと思われるところへ到着。その先(北側)は下へと切れ落ちていました。


※穂高連峰縦走(含 涸沢の紅葉)の記事INDEXはこちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/27
撮影地:北穂高岳南峰より(長野県、岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


北穂南峰からは、松濤岩とその先の北峰山頂とが望めます。その右側には常念岳へと続く稜線がときどき雲間から顔を出しては、また風に吹き遣られた厚い雲にその姿を掻き消されてしまいます。北峰にいたときよりも、辺りは一段とどんよりと暗くなってきました。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは^^
断崖絶壁、コロコロと転がっている石。
歩くのが怖い気がします(~_~;)
でも、気持ち良さそう…微笑

ほのか | URL | 2010年06月26日(Sat)22:27 [EDIT]


ほのかさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

この辺は北アルプスの中でも難所として有名な場所みたいです。
でも、なぜか私には楽しくて、楽しくて...(笑)
「怖い」というよりは、むしろ「気持ち良い」という言葉がなんだかしっくりきました。

Newman | URL | 2010年06月27日(Sun)00:23 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。