1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

足利の大藤

撮影日:2010/05/08
撮影地:足利フラワーパーク(栃木県足利市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)


一度は見にいってみたいと思っていた足利フラワーパーク大藤棚をみてきました。

足利フラワーパークは見事なの花で有名で、それら主だったものは栃木県の天然記念物に指定されています。そして、この時季に花が咲き揃うと必ずと言っていいほどテレビなどで紹介されています。それだけにちょうど満開で見ごろを迎えたの花をひと目見ようと、現地は大変多くの人で賑わっていました。
写真のは2本ある「足利のフジ ノダナガフジ」のうちのひとつ。通称「大藤」の名がつけられています。1996年(平成8年)にこの地に移植され、当時50畳ほどであった棚もいまでは600畳にまで拡大しています。花房は最長1.8メートルにまでなるといいますから、大人の平均身長よりも長く伸びるわけです。まさに世界一の大藤ですね!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/05/08
撮影地:足利フラワーパーク(栃木県足利市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newman様
こんばんは、大きな藤はまるで地上に降り注ぐ薄紫の滝のようですね。ライトアップされた写真も他の記事で見ましたが、「未知との遭遇」に出てくるマザーシップを連想させます。

私もGWの旅で「雪の大谷」や広大なチューリップ公園を見て来ましたが、量が爆発的に増えていくと別の次元にワープする感じですね。。。

ころぼっくる | URL | 2010年05月15日(Sat)23:12 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

藤の花房ですが、あれだけ沢山の房が下がっているとなぜか大根が干してあるようにも見えてしまいました(笑)
ここの大藤は樹齢150年の古木です。
藤棚に沿って広い範囲に枝を伸ばし、そこから非常に長い満開の花房を落としているさまは、生命力が漲っていて見ているとそこから力を与えられます。

Newman | URL | 2010年05月16日(Sun)00:51 [EDIT]