1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

茂林寺の大柊

撮影日:2010/05/08
撮影地:茂林寺(群馬県館林市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


『ぶんぶく茶釜』の昔話でしられる群馬県館林の茂林寺。境内にはぶんぶく茶釜狸の像がいくつも並び、門前の土産物店では狸にちなんだ品が店先に多数並んでいました。

でも私がここで一番惹かれたものはといえば、本堂前に植えられた一本のヒイラギ)の古木でした。市の保存樹にも指定されているこの木は樹齢が550年以上あるといわれ、幹回り1.75メートルもあるというとしてはかなりの大木です。
この大の古木、実はとても意外ともいえる特徴があるのです。といえば節分の鬼除けの例を引くまでもなくあの「尖ったギザギザの葉っぱ」が思い浮かびますね。ところがこの茂林寺の大の葉っぱの大半のものには、そのの特徴ともいうべきギザギザがまったくないのだから驚きです(木の低い位置についた葉にはギザギザのものもありますが...)。ちょっと固めの葉がツルンと滑らかな形をしているので、一見したところでは蜜柑かなにかの葉のようです。
550年という長い月日を経た柊ですから、きっと刺々しい角もとれて円み(円熟味)を帯びてきているのでしょうね~(笑)



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/05/08
撮影地:茂林寺(群馬県館林市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×427ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する