1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【特別企画】あぶくま洞

撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


あぶくま洞は、およそ8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。600メートルの洞内は、天井から大きく下がる鍾乳石や床下からタケノコのように堆積してできる石筍など千変万化の神秘の世界が続いています。(以上、パンフレットより引用)

1969年(昭和44年)9月、現在の釜山採石場跡地から発見されたあぶくま洞。石灰岩層の中に広がる全長3,000メートルにも亘る大鍾乳洞です。現在公開されているのはそのうちの600メートルほどですが、高さ29メートルにおよぶホール「滝根御殿」など見どころも多く、気の遠くなるような長い年月が文字通り刻み込んださまざまな鍾乳石の造形を目にすることができます。
洞内の鍾乳石のおもだったものには名前がつけられていて、それらが色とりどりの光で幻想的にライトアップされているさまは訪れる人を魅了してやみません。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


↑「妖怪の塔」。ちょっと不気味...。



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


↑「白磁の滝」。



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


↑公開されている部分では洞内最大のホール・滝根御殿にて。↓



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


↑「きのこ岩」。洞内第二のホール・竜御殿にあってフローストーン(滝状の鍾乳石)に被われた斜面に成長した珍しい形の石柱。



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


↑竜御殿内にある「クリスマスツリー」と名づけられた石筍。大きさは洞内最大級。



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


↑「リムストーン」という窪みに地下水が溜まって田んぼの畦のように成長したもの。恐らくは、中国の世界自然遺産として有名な黄龍(石灰岩質の大地を水が造形してできた景勝地)などと同じメカニズムで創られたものでしょう。



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


↑「月の世界」。石筍、石柱、リムストーンなどのある空間を、舞台演出用の調光システムで、朝、昼、夕、夜といった具合にさまざまに照らし出します。↓



撮影日:2010/04/24
撮影地:あぶくま洞(福島県田村市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する