1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青梅の「梅」のはなし その1

撮影日:2010/03/14
撮影地:吉野梅郷 の公園を望む(東京都青梅市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


東京都青梅市。西多摩から奥多摩と呼ばれる地域にかけて属する青梅は、通常「東京」と聞いて我々が思い浮かべる大都会のイメージとはまったく異なった感じのする場所の方がむしろ多い町です。とはいえ、JR青梅線の駅でいうと河辺(かべ)のあたりは都心へと勤める人たちのベッドタウンでマンションが立ち並ぶようなところですし、反対に一番奥の御嶽(みたけ)まで行ってしまえば、環境省の名水百選にも選定されているエメラルドグリーンの淵を湛えた御岳(みたけ)渓谷や山岳信仰で名高い御岳山など奥多摩の自然に彩られた四季折々の姿を楽しめるところにまで市域は広がります。

吉野梅郷は、日向和田から二俣尾くらいまでの山間に広がる比較的平坦な土地に東西に拓けた青梅市内でも有数の梅の里です。梅の花が咲く2月中旬から3月下旬にかけて(※年により異なる)、いまでは本当に多くの観光客が訪れるまでに有名になりました。中でも昭和47年(1972年)に青梅市によって造成・整備された梅の公園は、120種・1,500本もの紅梅、白梅、桃色の梅など色とりどりの梅が斜面いっぱいに咲き誇り、すっかり観光のメインとなりました。
しかしながら、元来この吉野梅郷(地元の方は単に「梅郷」と呼ぶことが多い)で古くから栽培されていたのは、前回の記事でも触れた「梅郷」という実を採るための白梅です。


【参考】青梅市内のJR青梅線駅名:河辺、東青梅、青梅、宮ノ平、日向和田、石神前、二俣尾、軍畑、沢井、御嶽



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2010/03/14
撮影地:吉野梅郷 大聖院の親木の(東京都青梅市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


その吉野梅郷の白の元祖とされるの親木が、大聖院という寺の裏に残っています。正確には、現在残っているものは倒木した樹齢700年の初代から根分けした二代目で、過去に一度枯れかかったものの持ち直していまでも毎春花を咲かせているのです。
とはいっても、今年はいまいち花の付きがよくなかったようでした。以前、沢山の花を咲かせた年の写真(2007年のもの)を掲載したことがあります。そちらもぜひご覧いただければと思います。(※記事はこちら



撮影日:2010/03/14
撮影地:吉野梅郷 大聖院の親木の梅(東京都青梅市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。