1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高山陣屋

撮影日:2010/02/06
撮影地:高山陣屋(岐阜県高山市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


2年ぶりの高山の街は、この冬でもっとも激しい大雪に見舞われていました。
そんな雪降る中、江戸時代に代官が治政を行なったところで当時の建物が残る国内唯一の場所、高山陣屋へと足を運びました。

(以下、案内板より)
史跡 高山陣屋
元禄五年(一六九二)七月 六代高山城主金森頼旹(かなもりよりとき)は、出羽国上ノ山に移封となり、飛騨国は江戸幕府の直轄領となった。幕府は八月十八日関東郡代伊奈半十郎忠篤に飛騨代官を兼務させ、二十二日に加賀国前田加賀守綱紀に高山城在番を命じた。伊奈代官は金森氏家臣四家の屋敷を会所として金森氏移封後の事務処理に当たった。元禄八年(一六九五)四月高山城の取り壊しが始まり、三代高山城主金森重頼の三人の娘が居住していた向屋敷に代官所を移して“高山陣屋”と称した。以後明治維新に至るまで、飛騨国内の政務は高山陣屋で執行された。
(中略)
明治維新後、飛騨県、高山県、筑摩県、岐阜県と行政区画が変転する中にあって、旧高山陣屋は県政の庁舎等に転用され、また敷地も分割されていった。昭和四十四年飛騨県事務所が移転し、高山陣屋跡の管理は岐阜県教育委員会が所管することとなった。岐阜県教育委員会は全国にただ一つ現存する幕府の陣屋跡を後世に保存すべく、昭和四十五年以来、文化庁の指導・援助を得て復元修理工事を実施している。
  岐阜県教育委員会



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。