1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

間ノ岳山頂より赤石山脈主稜線を望む

撮影日:2009/09/21
撮影地:白峰三山縦走 間ノ岳山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


北岳の山頂からだと巨大な間ノ岳に阻まれてよくは見えなかった南アルプス赤石山脈)の主脈(※写真はこちら)。この間ノ岳の山頂からであれば非常によく望むことができます。
南アルプスでもっとも高い山々はといえば北岳(3,193メートル)とこの間ノ岳(3,189メートル)なのですが、このふたつをはじめその先(南)に農鳥岳、笊ヶ岳などが続く白峰山脈は、白峰三山北岳間ノ岳、農鳥岳)を過ぎると次第に高度を下げながら南下します。これと平行するように西に連なるのがいわゆる「狭義の赤石山脈」で、北部の仙丈ヶ岳からはじまって、塩見岳荒川三山(東岳、中岳、前岳)、小赤石岳赤石岳、聖岳と広範囲に渡るいくつもの3,000メートルの峰々を経て深南部へとつづく様子は他を圧倒するほど。まさしく南アルプスの主脈に相応しい山並みです。

南に連なる赤石山脈の主脈を眺めたときに真っ先に目につくのが塩見岳(3,052メートル)。よく「兜のような山容」などと譬えられるようですが、現代人の感覚からいくとむしろ「ヘルメットのような」でしょうか(笑)。砂岩質のゆったりとした山が多い南アルプス南部にあって塩見岳はその突出した山頂部の岩稜がアルペン的な雰囲気を漂わせていて、玄人筋の登山者にとても人気の山のようです。南アルプスのほぼ中央に位置していて奥深いイメージが強いことも理由のひとつでしょうか。実際、北岳山荘で同宿した方や農鳥岳(西峰)で話した方など、この山は素晴らしかったと仰る人は結構多くいました。
その奥に聳えるのは荒川三山。東岳(3,141メートル)は別名を悪沢岳とも呼ばれ我が国で6番目に高い山です。その西側(右側)の急な斜面を経て中岳(3,083メートル)への緩やかな登りが続きます。前岳(3,068メートル)はそのすぐ先。中岳と前岳とはまとめてひとつの山と言っても良いほどに近く、高低差もほとんどありません。
そして、荒川中岳の東側斜面の奥に見える山が南アルプス、すなわち総称としての赤石山脈の主峰、赤石岳(3,120メートル)です。間ノ岳からだと荒川三山の裏に隠れて頭だけしか見えないのですが、実は大木が根を張ったようにどっしりとした山で、荒川前岳辺りから眺めるその姿はまさに「赤石山脈の主峰」の名に恥じない堂々とした山容を誇る名峰です。(※荒川前岳から眺めた赤石岳こちら



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは、Newmanさん。記事を読んでいるだけで、南アルプスの全貌が浮かんできます。まだ行ったことが無いところばかりです。来年のハイキングコースに入れたいですね。

ころぼっくる | URL | 2009年12月05日(Sat)22:24 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

今年から南アルプスに登り始めた私も
まだまだ行ったことが無いところばかりです。
来年はぜひ塩見岳を訪れてみたいと思っています。
ぜひまたどこかの山でご一緒したいですね!

Newman | URL | 2009年12月06日(Sun)21:38 [EDIT]


間ノ岳から見ると塩見岳がとても特徴的な姿なのですね~。
意外でした。
南アルプス北部からの景色は登ったことがないので目新しく写ります。
私はなぜか南部から順に登っていて、その中では塩見岳は一番印象に残っていて一番好きな山です。
来年は是非北部に挑戦したいと思ってます。

ちゅた | URL | 2009年12月07日(Mon)20:53 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

間ノ岳は白峰三山でも最高の展望地です。
特に北岳からは見づらかった南の山々の姿がとても印象的でした。

ちゅたさんの塩見岳山行の記事、以前読ませていただきました。
皆さん仰るように塩見岳は印象深い登り甲斐のある山なのでしょうね。
ぜひ、訪れてみたいです。

Newman | URL | 2009年12月08日(Tue)07:23 [EDIT]