1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

間ノ岳山頂

撮影日:2009/09/21
撮影地:白峰三山縦走 間ノ岳山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


比較的緩やかで広々とした稜線の道を辿り、間ノ岳山頂へと到着しました。

間ノ岳は標高3,189メートル、我が国第4位の高峰です。単独で登られることは少ないようで、北岳と一緒か、あるいは白峰三山縦走の途中にここを訪れるかといったことの方がむしろ多いのではないかと思います。とはいえ間ノ岳は日本百名山に選定されているというだけあって、通常は麓から2日かけてやってこなければならないにもかかわらず、この日も多くの登山者が山頂まで登ってきていました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/21
撮影地:白峰三山縦走 間ノ岳山頂(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


間ノ岳の山頂には大規模な地滑りが過去に起きた可能性があることを物語る痕跡が残っています。線状凹地(せんじょうおうち)という地形がそれで、現在間ノ岳の最高地点がある場所のすぐ東側を南北に走る溝が通っています。その溝の向こう側は一段高くなったような感じで、このため間ノ岳山頂は二重山稜のような様相を呈しているのです。更にその先に広がる雲海には日本一高い山、富士山が浮かんでいました。

間ノ岳からは実に標高トップ10の山(※)すべてを望むことができます。雲ひとつないほどに晴れ渡った前日ほどではありませんでしたが、それでも遠く北アルプス南部の槍ヶ岳や穂高連峰の山々が十分に判るくらいに天気の良い日でした。
実はこの間ノ岳の山頂を踏むことができた時点で、7月連休の白峰三山行き(実際には、悪天候のため北岳のみとなってしまったのですが...)から始まった3,000メートル峰を訪ねる今年の山行は、図らずも「ここから遥か先に見えるあの奥穂高岳にさえ登ってしまえば、標高トップ5の本年内登頂制覇だ!」というところにまで達したのでした。そしてもちろん単純な私のことですから「近いうちに奥穂に登るぞ!」と、この間ノ岳山頂でそう心に決めたのでした。でも、まさか「近いうち」がすぐに訪れることになろうとは、そしてまた新たなる目標ができることになろうとは、そのときには思いもよらなかったのでした(笑)

※1.富士山、2.北岳(南アルプス)、3.奥穂高岳(北アルプス)、4.間ノ岳(南アルプス)、5.槍ヶ岳(北アルプス)、6.荒川東岳(悪沢岳)(南アルプス)、7.赤石岳(南アルプス)、8.涸沢岳(北アルプス)、9.北穂高岳(北アルプス)、10.大喰岳(北アルプス)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

美しい御来光、爽やかな朝の縦走路、目の前に雲海から浮かび上がる富士山、鳳凰三山の展望、人気コースであることがよくわかりました。

ころぼっくる | URL | 2009年12月04日(Fri)00:36 [EDIT]


ころぼっくるさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

白峰三山は人気ルートだけに展望もよく、また変化に富んでいて、
長丁場の割にはあまり疲れを感じさせないルートでしたね。
今度はキタダケソウの時季にまた訪れたいと思っています。

Newman | URL | 2009年12月04日(Fri)07:25 [EDIT]