1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

北岳山頂からの展望

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 北岳山頂の三角点と仙丈ヶ岳、中央・北アルプス(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


ついに北岳の山頂(標高3,193メートル)へとやってきました。

前回7月にここを訪れたときの北岳の稜線は暴風雨の中まったくといってよいほど眺望がききませんでしたが(※記事はこちら)、今回は心地よい秋晴れの中ほとんど雲もなく、空気は澄み渡り、大変遠くまで見渡すことができました。さすがは日本で2番目に高い北岳の山頂です。周囲を360度ぐるりと見渡せる素晴らしい展望が広がっていました。
この日、ここから見えたのは本州の背骨ともいうべき錚々たる山々でした。西には伊那谷を挟んで南北に連なる中央アルプス(木曽山脈)、その右奥には遠く北アルプス(飛騨山脈)の峰々。北には八ヶ岳連峰が聳え、さらに右へと視線を移すと奥秩父の巨大な山塊が控えています。そして、北岳の周囲には南アルプス(赤石山脈)の3,000メートル級の名峰の数々が...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 北岳山頂より甲斐駒ヶ岳、霧ヶ峰、八ヶ岳(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


仙丈ヶ岳(3,033メートル)は大きいながらもとても穏やかな姿をしていて、山深いイメージのある南アルプス3,000メートル峰にあって比較的登りやすいとされている山です。そのパニエで広げたドレスの裾のように上品で優雅な佇まいから「南アルプスの女王」と呼ばれています。

それと較べ、北沢峠を挟んで仙丈ヶ岳と対峙する甲斐駒ヶ岳(2,967メートル)は荒々しい男性的な感じの山。南アルプスには珍しい花崗岩質の頂はまるで雪が積もっているかのようにも見え、どことなく北アルプスの燕岳烏帽子岳などを思い起こさせます。
また甲斐駒ヶ岳といえば、北岳とは反対側の中央高速自動車道八ヶ岳パーキングエリアから見えるゴツゴツとして荒々しいまでの山容がとても格好よく印象的でした。



撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 北岳山頂より鳳凰三山、奥秩父の山々(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


鳳凰三山(地蔵岳、観音岳、薬師岳)も甲斐駒ヶ岳と同じく花崗岩でできています。南アルプス縦走登山の入門ルートとされるいくつかの登山道があって(1泊2日で三山縦走が十分に可能だそうです)、人気の高い山々です。特に地蔵岳山頂の花崗岩オベリスクは有名で、先ほど紹介した中央道八ヶ岳PAからでもハッキリと判るほどに特徴的です。
ちなみに、今回とった大樺沢左俣をつめるルートでは、後ろを振り返るとこの鳳凰三山が壁のように聳え立っているのが見えていました。

南アルプス初心者の私にとってこれらはどれもまだ行ったことのない山々です。これから何年かかけて追々訪れてみたいと思っています。



撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 北岳山頂からの富士山(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


そして南西の方角には巨大で優美な姿の富士山が、確かな存在感をもって聳えていました。
ひと月ちょっと前にはあの頂上からこちら側を眺めたものでしたが(※記事はこちら)、いまは反対側から富士山を眺めています。あのときには、7月の北岳登山で苦い思いをしたことなどを頭に思い浮かべながら、それでも今年1回目の富士登山(※記事はこちら)のリベンジを果たせたことに少なからず満足を覚えたりもしていました。いまはこうして前回の北岳のリベンジをも果たすことができました。思えば、昨年の裏銀座縦走の続きをやった今夏の北アルプス山篭りなんていうのもありました。そう考えてみると、我ながら結構執念深かったりして...(笑)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さすがに日本第2位の名に恥じない絶景ですね~。
大きな仙丈、やっぱり先っぽの白い甲斐駒、富士山…。
それにしてもよく人を入れずに撮れましたね(笑)。
この好天はまさに前回のリベンジを果たせた感じで良かったですね。

こんな山頂なら、何時間でもいられそうです。
良い景色を見せていただき、ますます行きたい思いが強くなりました~。

ちゅた | URL | 2009年11月22日(Sun)23:06 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

北岳山頂からの眺めは天気にも恵まれ最高でした!
日本第2位の名に相応しい絶景で、
前回なにも見えなかっただけに嬉しくて、
今回はかなり長いこと山頂に滞在しました。

> それにしてもよく人を入れずに撮れましたね(笑)。
最近三角点を入れて撮影することが結構あるのですが、
「北岳」の指導標の前ほどはここで記念撮影する人も多くないみたいでしたよ。

Newman | URL | 2009年11月23日(Mon)07:36 [EDIT]