1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

北岳バットレス

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 大樺沢 左俣(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


大樺沢左俣からは、天気さえ良ければ右手にずっと北岳バットレスの胸壁を眺めながら歩くことができます。
クライマーたちの憧れの岩壁としてその名をしられる北岳バットレス。この北岳山頂直下の北東壁の荒々しさは登攀者の挑戦を容易には寄せつけないほどに迫力があり、ここから見上げる北岳バットレスのバランスのとれた美しい山容と相まってただただ目にする者を感激させてしまいます。
ところで、「バットレス」というのはもともとは建築用語で「控え壁」のことを指します。ロマネスク様式などの重厚な建築物においてその重みを横から支え分散させる機能をもった部分です。どっしりと構え風格さえ感じられる北岳の北東壁は、まさにその名に相応しいのではないでしょうか。

この日、何人ものクライマーたちがこの北岳バットレスを攀じ登っているのが左俣からもよく見えました。機会があればぜひ挑戦してみたいですね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 大樺沢 左俣(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

バットレスというのは、こんな見え方なんですね。
特に北岳は有名ですよね。ぜひ見てみたいです。
光に反射する岩と木々の緑と青空がとてもきれいです。

ちゅた | URL | 2009年11月15日(Sun)23:26 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

北岳バットレス、前回(7月連休)の北岳行きでは
悪天候のためまったく見えなかったので、
今回見ることができて感動もひとしおでした!
二俣の手前から八本歯のコルの先までずっと
この雄大な姿を眺めながら登ることができました。

Newman | URL | 2009年11月16日(Mon)00:27 [EDIT]