1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雪渓と岩清水

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 大樺沢 左俣(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


陽射しが強く照りつける中、大樺沢左俣を登っていきます。

実はこの日、二俣を発って少しした頃からしばらくの間は、虻の大群が纏わりついてきて鬱陶しく辟易とさせられました。しかしそれもこの時期まで残っていた雪渓の下部へとたどり着くと、辺りが心なしかひんやりとしてきて、それとともにあれだけ悩まされていた虻もいつの間にかいなくなってしまったようでした。

さらに上の方にもうひとつ雪渓がありました。行く手の方角から陽の光が谷を照らし、白い雪が明るく輝いて眩しいほどでした。その雪渓のある沢のすぐ右の斜面につけられた登山道を進んでいきます。大樺沢左俣の傾斜もだいぶきつくなってきました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/09/20
撮影地:白峰三山縦走 大樺沢 左俣(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


上の雪渓を過ぎてさらに登っていくと、右斜面から沢へと下りられる箇所がありました。その辺りで小学生くらいの子供2人を連れた一家が休憩しています。見ると、その辺から上にかけて岩の間から清水が湧き出していくつもの小さな流れをつくっていました。伏流水が地上に姿を現してきているのでしょう。心地よい音をたてて流れ落ちるさまは、なんとも涼しげです。
実際にそこまで下りていって両手に水を掬って顔や首筋に浸すと、冷たくてとても気持ちよく感じました。一応、その場所の写真を撮ってはみたのですが...。逆行気味で写りがいまいちなのは、まあご愛嬌ということで(笑)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
眩しい日差しの中を歩かれる気持ちよさ。
羨ましいなぁ~と思っていました…が
蛇???大っ嫌いな蛇(T_T)
ちょっと、不気味で怖いです^^
蛇の大群に囲まれながら歩くのは、絶対に出来ない私です。
想像しただけで足がすくみそうですね。(~_~;)

ほのか | URL | 2009年11月14日(Sat)14:21 [EDIT]


ほのかさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

ちょっと解りにくかったですね。ごめんなさい。
蛇(ヘビ)ではなくて虻(アブ)なんです。
時間にしたらほんの15分ほどだったのでしょうが、
アブの集団が纏わりついてきて鬱陶しくて...。
これだったらヘビに囲まれた方がまだマシだったかもしれません(笑)

Newman | URL | 2009年11月15日(Sun)00:25 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。