1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミネウスユキソウ...それと語源の話など

撮影日:2009/08/30
撮影地:樅沢岳(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


樅沢岳の山頂を下って槍ヶ岳方面へと進んでいくと、樅沢東峰を南側に巻く辺りにミネウスユキソウ峰薄雪草)の群生地があります。

ミネウスユキソウは学名を Leontopodium japonicum といい、まさに「和製薄雪草(japonicum=日本の)」といった感じの命名です。日本アルプスに咲くエーデルワイスのなかまでは最もポピュラーで、本州の高山では結構よく見かけます。実は花は中心部分のみで、周りの綿毛が生えている部分は本当は苞(苞葉)という蕾を包んでいた葉っぱなのです。
和名「薄雪草」の名は苞の綿毛に由来しますが、欧州のエーデルワイスと較べるとこちらはかなり少なめですね。

ここで、久しぶりに私が好きな言語学的な話を少しばかり...。
学名がラテン語もしくは古典ギリシャ語でつけられているということには以前触れましたが(※記事はこちら)、ウスユキソウ属をさす Leontopodium というのはラテン語とギリシャ語の合成語にラテン語の中性語尾 -um をつけたもので「ライオンの脚」といった意味合いです(羅:leo=ライオン、 希:πόδι=脚)。たしかに、ヨーロッパアルプスのエーデルワイス(学名は、Leontopodium alpinum=羅:アルプスのウスユキソウ)は苞が細長くて綿毛がびっしりと生えているので「ライオンの脚」といった命名もぴったりですが、日本のミネウスユキソウの場合はどうなんでしょう?正直ちょっと微妙ですね(笑)
一方で、エーデルワイス(英:Edelweiss)というのはドイツ語のEdelweiß(エーデルヴァイス)に由来し、その意味するところは「高貴なる白」。ドイツ語で Weißwein といえば「白ワイン」ですよね。ちなみに、Rotwein なら「赤ワイン」。モルゲンロート(Morgenrot 朝+赤 → 朝焼け)の rot です。
ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』(元は同名のブロードウェイ・ミュージカル)の挿入歌「エーデルワイス(Edelweiss)」は日本語の歌詞がつけられたりもしていて、「私のお気に入り(My Favorite Things)=JR東海のCM「そうだ 京都、行こう。」でおなじみ!」や「ドレミの歌(Do-Re-Mi)」と並んでよくしられています。そういえば、トラップ大佐役のクリストファー・プラマーは歌うときに「エーデルヴァイス」と発音していましたね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
とても愛らしくて可愛いお花ですね。
こんなお花と出会えるのも山を登る楽しみの一つでよね。
きっと、知らないお花がたくさんあるんだろうな…
「サウンド・オブ・ミュージック」懐かしいです。
大好きでした。この映画^^

ほのか | URL | 2009年10月31日(Sat)20:57 [EDIT]


植物にお詳しいですねえ。感心します。

詳しい人と同行するととても楽しく思いますが、私はなかなか覚えられません。
図鑑などで調べたらよいのでしょうが…。
写真から逆引きできれば便利だと思うのですが…?
ネットで「秋に咲く黄色い花」とかで検索するところがありました。便利かもしれません。
次元の低いコメントですみません(^^;

ちゅた | URL | 2009年11月01日(Sun)12:43 [EDIT]


ほのかさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

> こんなお花と出会えるのも山を登る楽しみの一つでよね。
山歩きの楽しみは人それぞれだと思いますが、
美しい花々との出会いは私にとってきっと大きなものを占めているんだと思います。
どれも決して派手なものではありませんが、可憐で素敵なものばかりなんですよ^^

> 「サウンド・オブ・ミュージック」懐かしいです。
私も大好きな映画です。
実は両親が初めて一緒に見に行ったという思い出の映画でもあり、
そんなことを聞かされていたからか、なおさら好きなのかもしれませんね♪

Newman | URL | 2009年11月01日(Sun)21:53 [EDIT]


ちゅたさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

高山植物、正直なところ私もそれほど詳しいというわけでもないのです...(^^;
最近は写真つきのものや花の色から引けるような図鑑も多いので、
気になった花はその都度調べてみることにしています。

ウスユキソウのなかまでは、早池峰に咲くハヤチネウスユキソウが
ヨーロッパアルプスのエーデルワイスに最も近いのだとか。
いつか実物を見てみたいですねぇ♪

それと語学話はほとんど趣味の世界です(笑)

Newman | URL | 2009年11月01日(Sun)22:07 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。