1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

鷲羽池

撮影日:2009/08/28
撮影地:鷲羽岳山頂より鷲羽池(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


私は他の人とくらべても、山頂ではたっぷりと時間をとることが多い気がします。なんといっても高いところからの眺めというものが好きで、またそれが山に登る楽しみのひとつだとも思っているからです。

今夏の北アルプス裏銀座縦走の山旅では雲やガスで眺望が抜けないことが多かったので、雲が晴れるのを1時間半以上待ったなどということが3度もありました。鷲羽岳では「どうしても鷲羽池を見たい」と、実に2時間以上も山頂に滞在しました。
私が山頂へ到着したとき、すでにこの場所で鷲羽池を見るために1時間ほど待っていたという方がいらっしゃいました。でも一向に晴れてくれる気配もないので、その方はそれからじきに下山してしまいました。そのあとも、次から次へと色々な方がこの鷲羽岳山頂へとやってきました。鷲羽池の方を眺めては「この霧じゃダメだぁ!」などと言ったりしながら、どんどんと下山していきます。
でも、ちゃんと2時間以上粘った甲斐はあったのです!風に雲が吹き飛ばされて、眼下にはようやく鷲羽池が姿を現してくれました。紺碧の澄んだ水を湛えた美しい池でした。晴れていれば池の向こうに槍ヶ岳が望めるのでしょうが、さすがに今日の天気ではそこまでは無理そうです。これについては「ぜひ、またの機会に」ですね。鷲羽岳、近いうちにまたやってくるつもりです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/08/28
撮影地:鷲羽岳山頂より鷲羽池(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

山頂からの景色はこうなっていたんだ。きれいな池ですね~。
私が行ったときは、ガスというより雨に近かったのですぐ下山しました。

私も山頂は長くいますよ~。
昨日も標高453mの山頂に1時間40分いました。
いつもパソコンの画面とか会社内の近くの景色しか見ていないので眼のピントを無限大にあわせることなんて少ない気がします。
(もっと先を見て仕事せんかい~って言われそうですが・笑)
山頂でボーッとするのはすごく価値がある気がします。

ちゅた | URL | 2009年10月24日(Sat)13:05 [EDIT]


こんばんは。
私もきっと、山登りをしたら山頂で長い時間を
過ごすと思います。
一生懸命、苦しい思いをして登った山。
簡単には下山したくないですね^^
なんだか、もったいなくてv-398
私、山登りの経験?考えてみたら大人になってから
ないような気がします。
中学の時に大山に登った?あまり記憶に残ってませんが。
高所恐怖症でありながら、ロープウェイで。
それでも、真下が見れないんですよね。怖くて…
だけど、景色が美しくて恐る恐る眺めています(~_~;)

ほのか | URL | 2009年10月24日(Sat)22:09 [EDIT]


ちゅたさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

鷲羽池、どことなく神秘的で本当に綺麗でした。
長いこと待った甲斐がありました。

> 山頂でボーッとするのはすごく価値がある気がします。
そうですよね~。
特になにかをするでもなくただボーっと景色を眺めたり、
たまたま居合わせた人たちと語らったり...。
実はそれ相応に価値あることなんですよね。
それにせっかく山頂まで登ったんですし。

Newman | URL | 2009年10月25日(Sun)09:15 [EDIT]


ほのかさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

> 簡単には下山したくないですね^^
たしかにそうなんですよ。
山頂から「さあ、下山するぞ」ってときは、
なんかちょっともったいない気もしてきて
「また来ればいいんだ」なんて自分に言っていることもあります。
気に入ったところではなおさらで、この鷲羽岳もそんな場所でした。

> 大山に登った?
丹沢の大山ですよね。
友人が3度くらい登っていて話を聞いています。
江戸時代から山岳信仰で登られていたという歴史ある山ですし、
私も一度いってみたいと思っているのですよ。

Newman | URL | 2009年10月25日(Sun)09:26 [EDIT]