1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

須走口・吉田口山頂

撮影日:2009/08/16
撮影地:富士登山 須走口吉田口山頂手前の鳥居(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


御鉢巡り一周を終えて、須走口吉田口山頂へと戻ってきました。

今回の富士登山須走口吉田口山頂に到着したのはまだ暗い3時40分くらいでしたが、ここまで戻ってきてから「もしも明るい時間に山頂まで到着したらこんな感じかな?」ということで、久須志神社下にある登山道最後の石段を少し下ってみました。
このときすでに9時20分くらいと時間も遅かったので、御来光前にはあれだけ混雑していた登山道も登ってくる人は疎ら。夜の混雑の中ではなんともせわしなかったのですが、今回は2頭の狛犬たちが出迎えてくれる登山道最後の鳥居へと近づく際の雰囲気をじっくりと味わうことができました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/08/16
撮影地:富士登山 須走口吉田口山頂 久須志神社(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


山頂の鳥居をくぐるとすぐ左が久須志神社です。 富士宮口山頂にある浅間大社奥宮(※記事はこちら)の末社で、この久須志神社には大名牟遅命(おほなむちのみこと、大国主命の若いときの名)と少彦名命(すくなびこなのみこと)とが祀られています。ともに葦原中国(人間の住む土地、すなわち日本)の国造りの神様です。
ところで、江戸時代にはここに薬師堂というお堂があって薬師如来が祀られていたそうです。それが明治維新の廃仏毀釈運動のために久須志神社と名を改められて神社になりました。



撮影日:2009/08/16
撮影地:富士登山 須走口吉田口山頂に建ち並ぶ山小屋群(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


須走口吉田口山頂は、富士山頂のなかでも一番の大都会。久須志神社の先には4軒もの山小屋が建ち並びます(うち1軒は休憩のみ)。富士登山の御来光ツアーを利用してここを訪れた人たちは御来光を待つ間はこれら山小屋のいずれかで休憩をとれるよう予め手配されているようで、その時間帯の須走口吉田口山頂の混雑ぶりには凄まじいものがあります。



撮影日:2009/08/16
撮影地:富士登山 大日岳の中腹より須走口吉田口山頂を見下ろす(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newman 様

白峰縦走では御世話になりありがとうございました。富士山は2003年の夏に富士宮、吉田口から登りました。雲海をオレンジ色に染める御来光に感動しました。
しかし関西からは遠いので、気軽にトライするのは難しいところですね。

ころぼっくる | URL | 2009年09月24日(Thu)00:16 [EDIT]


ころぼっくるさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

「富士山の御来光は単調だ」といった話もききますが、
このとき見たご来光は最高でした。

たしかに富士山は関西からアプローチしづらいかもしれませんね。
逆に関東からはアクセスしにくい西の山々は
私にとってある種憧れだったりします。
石鎚山や伯耆大山、加藤文太郎で有名な六甲の縦走など
いつかは挑戦してみたいですね。

Newman | URL | 2009年09月24日(Thu)01:09 [EDIT]