1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本六合目から七合目、八合目へ

撮影日:2009/08/15
撮影地:富士登山 須走口登山道本七合目付近(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本六合目瀬戸館からの登りの途中で、あたりはすっかりと濃い霧に包まれてしまいました。この先はずっと、視界を遮っていたガスが時折風に払われて一時的に周囲が見えるようになっても、またしばらくすると周囲は霧に包まれてしまう、そんな感じでした。

七合目大陽館(2,960メートル)に着いても状況は変わりませんでした。真っ白な霧の中で眺望もなかったので、ここでは休憩をとらずに先を急ぐことにしました。
そうして更に先へと進んでいくと、いつしか雲の上に出てしまったようで一挙に視界が開けてきました。本七合目見晴館(3,250メートル)の直下まできた頃、きれいな影富士が雲海の上に伸びているのが見えました。上空は青空で、いままで登ってきた道のりは雲の下。実に対照的でした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/08/15
撮影地:富士登山 須走口登山道八合目下江戸屋直下(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


周囲はすっかり岩稜帯の様相。先ほどまではあんなに緑が多かったのに、この1時間ほどの間にすっかりと富士登山らしい荒涼とした風景に様変わりしてきました。

見晴館を過ぎると、すぐそこに八合目江戸屋(下江戸屋/3,350メートル)が見えました。2週間前にお世話になった小屋です。更にその上には本八合目の山小屋群も見えます。
下江戸屋に到着して空きがあるか聞いてみると、混んでいるながらもなんとかなりそう。今回もこちらの下江戸屋さんに泊まって、深夜御来光登山に備えることにしました。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。