1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士山頂が姿を現した

撮影日:2009/08/15
撮影地:富士登山 須走口登山道本六合目付近(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本六合目瀬戸館(標高およそ2,700メートル)は見晴らしの良い草台地に建ちます。もうその辺りが須走口登山道の森林限界で、そこからは岩稜状の急登が続きます。
樹林帯を抜けたこともあり、この辺りからは展望が開けてきました。登山道の両側にはたくさんの草花が咲き、左手には砂走りを下る人々の姿も望まれます。

実は、この日は新五合目を出たときからずっと、目指す山頂の方は厚い雲に覆われていました。それがここへ来てようやく雲が流され富士山の全貌が姿を現したのです。富士宮口登山道や吉田口登山道とくらべると、この須走口登山道ははじめはずっと斜めに登っていってから吉田口登山道と合流するからなのでしょう、晴れていれば富士山頂を左上前方に眺めながら歩を進めることができるのもこの登山道の良いところです。

既に16時半を回り、太陽も山の反対側へと落ちてしまいました。瀬戸館で休憩したときに長袖のシャツと肌着の袖を下ろしていましたが、それでもこの頃にはだいぶ肌寒く感じられてきていました。それもそのはずで、更に登り続けていくとじきにあたりは濃い霧に包まれはじめてきてしまったのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する