1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

須走口登山道~緑多き道

撮影日:2009/08/15
撮影地:富士登山 須走口 古御岳神社(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(480×640ピクセル)


富士登山というと、一般的には「岩と砂礫の中を登り続ける」というイメージが強いかもしません。どこか人工的な感じのする吉田口(・河口湖口)登山道や、岩稜帯の急登がつづく富士宮口などが五合目以降の富士登山道のイメージを端的に示しているもののようにも思えます。

東口とも呼ばれ古い歴史をもつ須走口登山道。その出発点となる須走口新五合目(標高1,970メートル)に建つ2軒の山小屋兼売店前の喧騒を抜けて舗装道路をしばらく進むと、鬱蒼とした緑に囲まれた古御岳神社の前に出ます。神社で登山の無事を祈ってから、いよいよその右脇から始まる登山道へと踏み込んでいくのです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2009/08/15
撮影地:富士登山 須走口 新五合目付近の樹林帯(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


はじめは樹林帯の中の道が続きます。新五合目を出てから長い長い本六合目まで続くこの緑の豊かさこそが、須走口登山道が他の登山道とは異なる最大の特徴といえるのではないかと思います。

最初は背丈の高い樹林帯の中を、ときに下山道と一緒になったり別れたりを繰り返しながら進んでいきます。下山道を分ける頃には視界が開けた緩やかな砂礫地帯に出たりもするのですが、登山道は再び樹林帯へと入っていきます。そんな感じで樹林帯と砂礫地とを交互に繰り返したりしながらも、木々の背丈は次第に確実に低くなっていきます。
須走口登山道のはじめの方はこんな感じで、気持ちの良い緑多き中を進んでいくのです。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
素敵な樹林の世界ですね。v-410
だけど、一人で歩くには、ちょっと勇気が必要ですね。
特に怖がりの私には…
でも、いいですよね~自然に囲まれて過ごす時間。
薬を飲むよりも、元気にしてくれそう。
富士山、肺活量がないので私には登れそうにありませんが
心だけ登山した気分になりましたv-398

ほのか | URL | 2009年08月21日(Fri)23:19 [EDIT]


ほのかさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

まさにそうなんです。
この須走口登山道を歩いてみて印象的だったのは、
素晴らしい樹林帯の道行きでした。
「富士山に登る」というととかく岩ばかりの世界を
思い浮かべてしまいがちですが、
こんなにも緑がいっぱいで
鳥が囀る中を歩けるんですよね。
自然と心に元気が湧いてきますよ♪

Newman | URL | 2009年08月22日(Sat)06:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。