1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

辿ってきた道を見下ろすと...

撮影日:2009/08/01
撮影地:富士登山 吉田口登山道八合目 白雲荘より(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


河口湖口(・吉田口登山道は、富士山の夏山シーズン中最も多くの人たちが辿る登山道です。基点となる河口湖口五合目が東京方面からアクセスしやすいスバルラインの終点であるということに加え、七合目に7軒、八合目に4軒、本八合目に2軒(須走口に属する胸突江戸屋を含めると3軒)、八合五勺に1軒と山小屋の数が多く、またそれらは比較的規模の大きい(定員250~300人前後)小屋ばかりとあって、バスツアーの多くがこの登山道を利用するからです。実際、この日も多くのバスツアーの団体が登山ガイドに先導されてここを登っているのを見かけました。Newmanとその仲間たち総勢5名は、ときには団体さんの合間を縫って登っていく、そんな感じでした(笑)

さて、八合目三つ目の山小屋となる白雲荘あたりまでやってくると(厳密にいうと、白雲荘のあたりは七合九勺ですが...)、それまでのお天気雨のような降ったりやんだりという天気もようやく収まってきました。頭上にあった雲は風でどこかに吹き飛ばされ、また我々がつい先ほどまでその中にいた雲(ガス)もずっと下まで追い遣られて、眼下には我々が辿ってきた道すがらが望めるようになったのでした。
ジグザグに続く登山道のすぐ下には八合目の山小屋蓬莱館と太子館とが見え、さらにその下には東洋館以下七合目の山小屋群が。そのあたりは緑が多いのですぐにそれと判るのですが、まさにその辺が陽に照らされて明るく輝いています。そして、先ほど昼食をとった六合目は厚く立ち込めた雲の下。思えば随分と高度を稼いできたものです。今回が富士登山は初めての同行者たちも「絶景だねぇ!」などと言いながら眺めていました。さぞかし感慨もひとしおだったことでしょう。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する