1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

西穂高口駅より その2-焼岳、乗鞍岳など

撮影日:2008/10/18
撮影地:西穂高口駅より、焼岳方面を望む(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



前回に引き続き、新穂高ロープウェイ西穂高口駅の展望台からの眺めです。

南の方角に見えるお椀を伏せたようなボテっとした山は焼岳(北峰2,444メートル、南峰2,455メートル)。北アルプス唯一の活火山で、この辺り一帯に温泉が多いのはこの山の恩恵に預かるところが大きいのではないかと思います。
昨年9月この焼岳に登りましたが、北峰山頂直下は硫黄の臭いがたちこめており、実際にガスが噴き出しているそのすぐ下を歩いたりもしました。現在もなお活発な火山活動を続ける姿を目の当たりにして、改めて自然のダイナミックさに触れた思いでした。(※記事はこちら

一方、焼岳の奥で中心部を隠されてしまいながらもその端が見えている巨大な山塊は乗鞍岳です。穂高と並び称される北アルプスきっての高峰ですが、険しく厳しい穂高連峰の山々とは対照的に、乗鞍の峰々の姿はどこまでも伸びやかで優しく、そして穏やかなものです。
私はまだ乗鞍岳の頂上(最高峰は剣ヶ峰、3,026メートル)に立ったことはありませんが、マイカー規制が開始されるより以前に畳平まで車で行ってみたことがあります。3,000メートル級の高山(畳平は標高2,700メートル。実に富士山の五合目より高い!)に気軽にアクセスできてしまう手軽さも案外この山の魅力のひとつなのかもしれません。もっとも、現在はマイカーでのアクセスは制限されてはいますが...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ


撮影日:2008/10/18
撮影地:西穂高口駅より、西穂高岳(岐阜県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)



西穂高岳はこの西穂高口駅のすぐ前に聳えています。

西穂高岳穂高連峰の入門コースとされています。とはいえ独標を過ぎた先西穂山頂までは、13もの険しい岩峰を越えていったり、あるいはまた巻いたりしながら進んでいくこととなります。それだけに山頂までの道のりでは終始油断することはできません。今夏は転落死亡事故も発生しています。十分な注意を心がけたいものです。

昨年9月の山行ではこの西穂高岳山頂まで行ってきましたが(※こちら以降の記事をご覧ください)、今回は父とともに独標を目指すことにしました。上の写真では、右からの長い緩やかな斜面を登りきった先にある最初の岩場を手前に巻いてさらに進んだところにある三角に尖った頂点が西穂独標となります。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんはv-411
先日の「鍋平高原」は「なべだいら」と読まれるんですね。
地名って難しいですね。
と言うよりも私が知らな過ぎるのかもしれません(~_~;)
Newmanさんは、山をこよなく愛してる?
ブログの写真からとても自然を大切になさってるお方だなって思います。
山登りも、殆ど行くことがありませんが
山と海が大好きです。山登りもしたいのですが・・・
肺活量が弱いのか?動悸息切れが数年前からひどくて。
坂道で、ハアハアと息を切らしている私です。微笑
でも、山の頂上から下界を見下ろすと、自分の悩みなど
なんてちっぽけなんだろう?って思います。
これからも、山登り、ハイキングに弱い私ですので
Newmanさんの写真で楽しませて下さいね♪

ノロタン | URL | 2008年11月29日(Sat)00:01 [EDIT]


Newmanさん、こんにちは。
お父様と登山をされるなんていいですね。
最近、両親のありがたみを素直に感じられる年になりました。

私も、両親と旅行に行こうかな。

fuka_shin | URL | 2008年11月30日(Sun)12:55 [EDIT]


ノロタンさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
お返事がちょっと遅くなってしまいスミマセン。

鍋平高原と新穂高口、本当にオススメですよ!
自動車とロープウェイとで気軽にアクセスできてしまいますし、それでいて高山の雰囲気たっぷり。
それに、本文にも書きましたようにこの辺りは焼岳の恩恵もあって温泉地が沢山あります。
まとまったお時間がとれるようでしたら、ぜひ山気分と温泉でのくつろぎとを味わってみてくださいね。
途中に安房トンネルが出来たので、山向こうの上高地とセットで訪れても休日2日もあれば十分楽しめてしまいますよ。

> Newmanさんは、山をこよなく愛してる?
実は、本格的な山歩きを再開したのは3年半ほど前で、友人たちから雲取山(東京都の最高峰)縦走行きに誘われたのがきっかけです。
でも、何年ぶりかで山歩きを再開してからはすっかり山の魅力にとり憑かれてしまいました。
大自然の偉大な景色を眺めていると、本当に自分のちっぽけな悩みなんて吹き飛んでしまいますよね!

Newman | URL | 2008年11月30日(Sun)22:02 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

コメントありがとうございました。

今春実家の近く(といっても、往復30キロくらいはあるのですが...)に移ってから、いままで以上に実家との交流が増えました。
父との山行もそんな中で出てきた話です。
幸い体力があり余っている感もある父ですので、来夏は北アルプス表銀座縦走にチャレンジしたいなどと言ってくれています。

fuka_shinさんもぜひご両親と旅行など楽しんで差し上げてください。
たまにはいいものですよ。

Newman | URL | 2008年11月30日(Sun)22:16 [EDIT]