1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

烏帽子岳

撮影日:2008/08/22
撮影地:ニセ烏帽子岳より烏帽子岳を望む(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


実は北アルプス裏銀座縦走の1日目(8/21)、ブナ立尾根を登りきって烏帽子小屋に着いたあと荷物を置いて雨降る中を烏帽子岳まで向かったのでした。しかしながら、あたり一面ガスが立ち込めて真っ白だったので、ニセ烏帽子岳まで到着してもまったく烏帽子岳が見えない...というよりは烏帽子岳がどこにあるのやら見当もつかないといった状態でした。
それでも、そのままニセ烏帽子岳を下ってさらに先へと進み、ついに烏帽子岳へと到着。そのころにはちょうど雨風が弱まったので、そのまま烏帽子岳の頂上(2,628メートル)へと登ることができました。
烏帽子岳の山頂付近はといえば、この山を特徴づけている花崗岩オベリスクの天辺です。そこまでは一度鎖を頼りに上へと登ってから、さらに横向きに鎖場を伝い、最後は一気に頂上の二本の石柱(写真では頂上の柱は一本だけのようにも見えますが...)の間へと入り込んで更にそれぞれの柱へと這い上がるのです。そのうちの一本に登っていたとき、真下の柱と柱の間に一匹のオコジョが現われました。急いでカメラを取り出したのですが、オコジョはサッと走り去ってしまい写真に収めることはできませんでした。残念!
ちなみに、烏帽子岳からの帰り道はまたしても相当強く雨が降りだし、その上8月とは思えないほどの冷たい風がビュービューと吹いて、寒くて寒くて生きた心地がしませんでした。やっぱり山はコワイです(汗)

翌22日、前日とは打って変わって気持ちの良い天気。「これは烏帽子岳を見ないわけにはいかんぞ」と思い、裏銀座縦走の旅を先に進める前に烏帽子小屋に同泊した方たちと一緒にニセ烏帽子岳へと向かったのでした。
ニセ烏帽子岳からの眺望は想像以上に素晴らしく、目当ての烏帽子岳はもとよりその向こうに続く南沢岳、それらの間からは黒部湖を挟んでその先に聳える立山・剱連峰までがハッキリと望め、最高の眺めでした。ホント来てみて良かった!



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2008/08/22
撮影地:三ツ岳への登りの途上、烏帽子岳の方を振り返る(富山県、長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


その後、烏帽子小屋まで引き返し荷物を背負って裏銀座縦走の旅を先へと進めたのでした。

三ツ岳への比較的緩やかな、それでいて長い長い登りを進んでいくと、次第にまた後方に烏帽子岳が見えてきました。こちらが高度を上げていくと、それとは反比例するように烏帽子岳はどんどんと低くなってしまいました。まるで向こうに聳える立山の3,000メートルの尾根に吸収されてしまうかのように、それはどんどんと目立たなくなっていってしまったのです。
こうして、歩みを進めるとともにどんどんと烏帽子岳から遠ざかっていったのでした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは(^・^)

ご無沙汰致しておりました。
絶景の写真ばかり。
紅葉が始まったら、また違う美しさを
見せてくれるのでしょうね♪
壮大な山々の景色を目にして、
人生も山あり、谷あり…だな~なんて
ちょっと、自分の人生に重ねてみました。
でも、必ず日が昇ることも忘れずに…ですね(^・^)

ノロタン | URL | 2008年10月28日(Tue)21:58 [EDIT]


ノロタンさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

> 紅葉が始まったら、また違う美しさを
高山の紅葉ってちょっと独特ですよね。
森林限界を超えると、ダケカンバもナナカマドも丈が低くなります。
一見草のように見えるチングルマも、紅く色づいて綺麗なんですよ。

> 人生も山あり、谷あり…だな~なんて
そういえば、いろは歌にも「うゐのおくやまけふこえて(有為の奥山今日越えて)」ってありますよね。
人生を山になぞらえるのは、昔もいまも同じなのかもしれません。
素晴らしい御来光を期待したいものですね。

Newman | URL | 2008年10月29日(Wed)20:55 [EDIT]


見ましたよ

プログましたよ!
すごく写真がきれいですね。
びっくりしました。
僕の写真を見てもあの日の感動は、
よみがえらなかったのですが・・・
Newmanさんの写真を見ると、
あの日の感動がよみがえってきました。
何かこつでもあるのでしょうか?

TUNAHIKI | URL | 2008年11月19日(Wed)00:02 [EDIT]


TUNAHIKIさん、こんばんは。

ブログにいらしてくださったんですね!
ありがとうございます。

写真ですが、取り立ててコツっていえるほどのものはないんですよ(笑)
ただ思ったように撮っているだけなんです。
でも、このように仰っていただけてとて も嬉しいです!
コメントありがとうございました。

Newman | URL | 2008年11月19日(Wed)22:19 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。