1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高瀬ダムよりブナ立尾根へ

撮影日:2008/08/21
撮影地:不動沢吊橋より高瀬湖を望む(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


北アルプスのほぼ中央に位置する縦走路である裏銀座へは、高瀬ダムから傾斜のきついブナ立尾根を登るコースが一般的です。
ダムの端から400メートルほどのトンネルを潜り抜け、さらに不動沢に架かる吊橋を渡ると、白い土砂で濁った水の流れるその名も濁沢に出ます。そこを横切れば、ブナ立尾根の登りが待っているのです。稜線に建つ烏帽子小屋まで約6.5キロ、標高差1,200メートルという北アルプス屈指の急登です。

本日の写真は、そんな裏銀座への出発点となる不動沢吊橋上から高瀬ダムの人造湖を望んだもの。
この日は生憎と天気が悪く、白く荒涼とした土砂に覆われたこの付近を通って山行をスタートさせたばかりの頃からすでに容赦のない雨が降り注ぎ、雨具に身を包み重い荷物を背負いながら、これから先のことを心配しつつ一歩一歩先へと足を進めていたのでした。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。
湖の色が素敵ですね~。
山間から湖に流れ込むかのような雲が、なんとも言えないような神秘さを表している気がします。

雨の登山は、とても大変だと思いますが、雨なればこその風景なのかもしれませんね。

fuka_shin | URL | 2008年10月26日(Sun)23:36 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

山に纏わりつくような雲、実は結構好きだったりします。
晴れた日とはまた違った、自然のスケールの大きさを感じさせる風景ですよね。

それにしても、雨の日の登山は本当に大変です!
ガスが出なければ風景は楽しめるかもしれませんが、やはり正直なところ山ではスカッと晴れてもらいたいですね。

Newman | URL | 2008年10月27日(Mon)22:55 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。