1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

宝永火口を見下ろしながら その2

撮影日:2008/08/03
撮影地:富士登山 眼下に宝永火口を望む(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


剣ヶ峰で御来光を見たあとは、御鉢巡りの残り3分の1を歩きました。

富士宮口山頂の浅間大社奥宮に寄ってお参りしてから、御殿場口山頂、賽ノ河原経由で吉田口・須走口山頂へと向かいました。
賽ノ河原を過ぎた辺りからは、富士山最後の噴火口跡である宝永火口宝永山とを見下ろすことができます。2週間前の前回(※記事はこちら)よりも空気が澄んでいて、沸き立つような雲も面白くいかにも夏の雲といった感じで写っていましたので、「宝永火口を見下ろしながら その2」と題して、また同じような写真を今回も掲載することにしました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
ご無沙汰致しておりました。
いろんな事があって、ちょっぴり落ち込んだり…
だけど、そんな中にいると心までなくなりそうで
なんとか、這い上がってきましたが…(~_~;)
いつも、素晴らしい絶景の写真を見せていただいて
ポチッ!逃げ…
雲がふわふわして、まるでこの足でポンポンと
渡り歩けるみたいですね。
気持ちいいだろうな…高所恐怖症の私には不可能かな?微笑

ノロタン | URL | 2008年10月05日(Sun)23:21 [EDIT]


ノロタンさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

お仕事の方が大変なのでしょうか?
あまりご無理なさらないでくださいね。

> 気持ちいいだろうな…
気持ちいいですよ~(笑)
やっぱり絶景と向き合っていると、心の中まで広々としてくるようです。

富士山はたしかに高度感もあるのですが、道は広いので思ったほど怖くはないかもしれませんよ。

Newman | URL | 2008年10月06日(Mon)06:47 [EDIT]