1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

燕岳に別れを告げて

撮影日:2008/08/10
撮影地:燕山荘前より燕岳(長野県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


燕山荘燕岳間を往復してから燕山荘前で遅めの朝食をとり、そして10時過ぎ、一路中房温泉の登山口まで続く合戦尾根の登山道を下山することとなりました。

最後に燕岳の方角を眺めると、燕岳の東側斜面は次第に濃いガスに覆われてしまってきていました。
安曇野方面の山裾で温められた空気が季節風に吹き上げられ標高の高い表銀座の山々までやってきて急激に冷やされるからなのでしょうか、燕岳を撮った写真には、このように山の東側に濃いガスがかかっているものが多く見られるようです。夕方などにこのような霧が発生すれば、きっとブロッケン現象なども見られることでしょう。(※ブロッケン現象の記事はこちら

稜線に建つ燕山荘を離れ合戦尾根へと続く道を下り始めるとじきに、燕岳も見えなくなってしまいました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

3000m近い標高ですから、湿った空気が上ってくれば一気にガスってしまいますよね。以前、木曽駒に登ったときも一気にガスに巻かれてしまったことがありました。

ブロッケン現象。名前は聞いたことがありましたが、写真を見るのは初めてです。人気のない山でこれを見たら確かにゾッとしますね。

ダイ | URL | 2008年09月22日(Mon)13:01 [EDIT]


ダイさん、おはようございます。

木曽駒の写真は前に拝見しましたが、ガスったのはそのときでしょうか?
山はガスると、あたり一面真っ白になったりしますからね。
そうなると道さえ判らなくなり写真どころではなくなってしまいます(笑)

ブロッケンを見たときは、ゾッとするよりはむしろ「ラッキー!」と思いましたよ。

Newman | URL | 2008年09月23日(Tue)07:13 [EDIT]


Newmanさん、こんばんは。
自然の雄大さと本当の美しさを撮らえた1枚。
素晴らしいですね。

こんな写真を見ていると本当に山はいいな、と思います。
でも、ガスって道もわからなくなると聞くと、やはり山は怖いですね。

fuka_shin | URL | 2008年09月23日(Tue)22:05 [EDIT]


> こんな写真を見ていると本当に山はいいな、と思います。
燕岳は北アルプスの中では案外と手軽に登頂できる山です。
「いいな」と思ったらぜひトライしてみてください(笑)
きっと忘れられない風景に出会えますよ。

> でも、ガスって道もわからなくなると聞くと、やはり山は怖いですね。
今夏の烏帽子岳付近で、ちょっと道に迷いかけました(汗)
そういうときには山小屋でじっとしていないとダメですね...。

Newman | URL | 2008年09月24日(Wed)21:58 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。