1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

馬ノ背

撮影日:2008/07/20
撮影地:富士登山 剣ヶ峰 馬ノ背(静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


剣ヶ峰へと登る急斜面、馬ノ背。傾斜角30度前後と坂が急なのもさることながら、砂礫に足をとられやすくとても登りづらい御鉢巡りの難所とされるところです。

大内院を一周する御鉢巡りは、古くからの慣例では時計回りですることとなっています。その理由のひとつと言われているものに、「この剣ヶ峰馬ノ背の急斜面を下ることがないように」というのがあるそうです。確かに昔の人々には、近代的な登山装備のごとき厚底の登山靴も軽くてしかも丈夫な素材を使った服などもなかったわけですから、この急な斜面を逆に下っていこうなどというような少しでも危険なことは極力避けようという配慮が当時の人々の富士登山における知恵の現われだったのでしょう。
ちなみに、2週間後にまたここを訪れた私は御鉢を時計と逆回りに巡りました。そして、この馬ノ背を下りてくる同行者の写真を正面から撮影したいがために彼らよりひと足先にこの急斜面をダッシュで駆け下りたのでした(笑)

なにはともあれ、ここを登りきってしまえば富士山の最高峰(=日本国内の最高地点)はもうすぐそこです。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんにちは。
馬の背の写真、素敵ですね!
空の青さと大地の色のコントラストがいい感じです。

実は、前回富士登山したときには、剣ヶ峰まで行かず、御鉢巡りもしなかったです。
ご来光見て満足してしまって・・・。
それに、ちょっと高山病ぽかったので。
やはり、もう一度富士山登らないといけない気がしてきました(笑)。

fuka_shin | URL | 2008年08月17日(Sun)13:00 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 馬の背の写真、素敵ですね!
> 空の青さと大地の色のコントラストがいい感じです。
ありがとうございます。そういっていただけると嬉しいです。
荒涼とした富士山頂でも、いや富士山頂だからこそ見られる風景ってものもあるんですよね。

> やはり、もう一度富士山登らないといけない気がしてきました(笑)。
何度登っても、そのたびに別の発見があったりするんですよね。
fuka_shinさんもぜひ再チャレンジしてみてください。

Newman | URL | 2008年08月18日(Mon)00:53 [EDIT]


おはようございます。
富士山には登ったことがありません。
憧れてはいるんですが、肺活量が…少しの坂道でも
階段でも、ハァハァしながらです。
馬の背?そう言えば馬の背中に似てますね?
そんな意味があるんでしょうか?違ってたらすみません(^・^)
登り終えた時の達成感は、なんとも言えない感動を味わえるのでしょうね?
若い頃に上っておけばよかったなぁ…(~_~;)

ノロタン | URL | 2008年08月18日(Mon)08:38 [EDIT]


ノロタンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 馬の背?そう言えば馬の背中に似てますね?
ご明察の通り、馬の背中になぞらえての命名です。
富士山にはここ以外にも、静岡県側の中腹にぽっかりと開いた穴-宝永火口の上にある宝永山の尾根伝いに「馬ノ背」と呼ばれている場所があるんですよ。

> 若い頃に上っておけばよかったなぁ…(~_~;)
富士山には、実はいろいろな年代の方が登っているんですよ。
数年前には100歳の方が3日がかりで挑戦して見事登頂されたそうです。
無理さえしなければ誰もが登ることができる山、富士山はそんな山なんですよ!(^^)

Newman | URL | 2008年08月18日(Mon)22:59 [EDIT]