1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

本八合目、八合五勺にて

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口吉田口須走口登山道本八合目付近の下山道より(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


本八合目。ここで河口湖口吉田口登山道須走口登山道と合流します。
ここには、河口湖口吉田口登山道の山小屋となる富士山ホテルと八合目トモエ館、それから須走口登山道の山小屋となる胸突江戸屋(本江戸屋、上江戸屋)が建ちます。

実は、今回は下見ということもあって山小屋の予約などまったくしていませんでした。昨年(2007年)から河口湖口吉田口登山道の山小屋は全予約制になったのですが、この日は富士スバルラインのマイカー規制の合間の土曜日だということもありどこも山小屋は予約で満室のようでした。この本八合目までやってきて時間も17時近くなってきたので、ためしに胸突江戸屋さんで空きがあるかどうかを訊いてみたところ、たまたま1人分だけ寝床の空きがでたところだったとのこと。ご来光にはまだ早すぎるしここらで休んでおくか...ということで、こちらにお世話になることにしました。
18時、夕食に定番のカレー(※写真はこちら)をいただいて、少し休んでからでもまだ外が明るかったので、このひとつ上の八合五勺に建つ御来光館のあたりまで散歩することにしました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口吉田口須走口登山道八合五勺に建つ御来光館(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


胸突江戸屋さんのスタッフの方の話では、「上の小屋(御来光館)までは15分ほど」とのことでしたが、食事して少し休んだからか、小屋にザックを置いてきて荷物がなかったからなのか、実際には10分とかかりませんでした。

ちょうど19時前後と日が暮れる前の時間帯で、そのためはるか下に広がる雲海は橙色から紫色へと変化するグラデーションに薄っすらと染め上げられ、雲と雲とが畳なわるその重なりあった合間合間に濃淡があって、とても綺麗でした。生憎と日の入りは富士山を挟んだ反対側でしたが、夕日が見えないぶん雲海に影富士が伸びていて、それがまた美しく素敵な眺めでした。



撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口吉田口須走口登山道八合五勺付近(山梨県、静岡県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

Newmanさん、こんばんは♪

胸突江戸小屋って面白い名前ですね~。やはりシーズンの山小屋って大変な混みようなんですね。

富士山からのご来光、憧れです。この夏に行けたらいいなぁ~。

ポチ。

ダイ | URL | 2008年08月01日(Fri)23:15 [EDIT]


ダイさん、こんばんは。

胸突というのは、この辺りから上は高度が上がり斜度がキツくなって登るのに辛くなることから言うのだと思います。

富士山、機会があれば是非登ってみてください。
今年も早いもので、富士山のシーズンのうち半分が終わってしまいました。
ちなみに私はといえば、明日のこの時間くらいにはまた頂上に向けて出発しているかもしれません。

コメント&ポチありがとうございました。

Newman | URL | 2008年08月02日(Sat)00:18 [EDIT]