1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

富士山三種の神器 その1-勾玉~山中湖

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口登山道五合目から続く水平道より山中湖を望む(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


前回、古事記天孫降臨神話の話をしましたので、それに関連して今回は富士山三種の神器(さんしゅのじんぎ)の話です。
三種の神器とはなにかというと、八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ/別名、草薙剣(くさなぎのつるぎ))の三つの宝物を指します。これらは天孫降臨の折、天照大神(あまてらすおおみかみ)より迩迩藝能命(ににぎのみこと)に授けられたとされるもので、以来皇室が代々継承してきた至宝とされています。
富士登山をしていると、運が良ければこの三種の神器のそれぞれと出会うことができるとされているのです。

河口湖口登山道に足を踏み入れて五合目の喧騒を離れると、しばらくは泉ヶ滝のあたりまで続く水平道の緩やかな下りを歩いていきます。そこから眼下に目をやると、前方やや左の方にこの三種の神器のひとつめ、勾玉の形をした山中湖が見えてきます。晴れていればこの先山頂までずっとこの山中湖が見えるはずなのですが、この日は六合目に到着する頃には雲で隠されてしまいました。

余談ですが、昨年河口湖口登山道を八合目まで登りそこから須走口下山道へと進んで砂走りを下りているときまで、この山中湖がはっきりと見えていました。そのときの写真が掲載できると良いのですが、生憎とふた月ほど前の引っ越しのあとその写真をHDDに収めたタワーPCをいまだに設置していないため、現時点ではご紹介することができないのです...。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する