1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

河口湖口五合目

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口登山道五合目(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


富士山の登山道は五合目から頂上まで伸びる主要ルートだけでも5つありますが、その中でも利用する人がもっとも多いのが河口湖口登山道です。
そして、ここの五合目はご覧のとおり富士登山道きっての大都会です。土産物屋あり、食事処あり、レストハウスあり、そしてもちろん山小屋(宿泊施設)ありと、一大観光地というに十分な施設が揃っているのです。

ところで、この日は行きの中央道が渋滞で五合目到着が2時間も遅れてしまい、出発も12時半頃と大変遅い出だしとなってしまいました。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

撮影日:2008/07/19
撮影地:富士登山 河口湖口登山道五合目小御獄神社(山梨県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


登山の無事を願って、まずは小御嶽神社にお参りしました。
この小御嶽神社は山頂の浅間大社奥社(※記事はこちら)の祭神木花之佐久夜毘賣命(このはなさくやひめのみこと)の姉石長比賣命(いわながひめのみこと)を祀っています。

ところで、古事記の天孫降臨神話には、これらニ女神についての面白い話が載っています。
葦原中国統治のため天界より下った迩迩藝能命(ににぎのみこと)は、大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘木花之佐久夜毘賣命の美しさに惹かれ求婚しました。父神の大山津見神はとても喜んで姉の石長比賣命とともに娘を差し出したのですが、なんと迩迩藝能命は醜女の石長比賣命を送り返してしまったのです。大山津見神はそのことに大変腹を立てて言うことには、「わしが石長比賣命、木花之佐久夜毘賣命のふたりの娘を差し上げようとしたのは、天孫が岩のように永遠に続き、また花が咲くように栄えるよう願ったからなのだ。なのに木花之佐久夜毘賣命のみを娶られたからには、天孫は花のようにはかなくなることであろう」と...。
う~ん、なんとも身につまされる話です(笑)


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

僕も夏に友人と富士山に登ろうかと思ってます。具体的なことはまだm決めてませんが、良い写真が撮れたらいいな♪

それにしても五合目の登山口って賑やかですねぇ。何でも手に入りそうで、ここで準備を整えて登っていくんですね。
ポチ。

ダイ | URL | 2008年07月23日(Wed)20:55 [EDIT]


ダイさん、おはようございます。

> 僕も夏に友人と富士山に登ろうかと思ってます。
機会があれば、ぜひ登ってみてください。
普段の生活とはかけ離れたたくさんの風景と出会えること請け合いですよ!

> それにしても五合目の登山口って賑やかですねぇ。
この河口湖口の五合目は特ににぎやかです。
登山口というよりかは、完全に観光地ですね(笑)

ダイさんは河口湖口登山道から登られるんですか?
関西からだと、むしろ富士宮口(三島口)の方がアクセスしやすくていいような気もします...。

コメント&ポチありがとうございました。

Newman | URL | 2008年07月24日(Thu)07:02 [EDIT]