1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

【シリーズ・日本の世界遺産】金峯山寺 蔵王堂

撮影日:2007/04/14
撮影地:金峯山寺蔵王堂吉野(奈良県吉野吉野町)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


当初から世界遺産が目的で見に行ったということもあれば、そのこと自体まったく知らないままにそこを訪れたということもありました。初めて吉野を訪れたときがまさにそうで、「紀伊山地の霊場と参詣道」にこの吉野が含まれているのだということを知ったのは、実は吉野行きの電車に乗り換えた近鉄橿原神宮前駅に貼られたポスターを目にしたときでした(笑)

そんな吉野で、下千本から中千本へと歩いて登っていくと最初に見えてくる大きな寺院が国軸山金峯山寺(こくじくさんきんぷせんじ)です。この名刹は、役行者(えんのぎょうじゃ)によって奈良時代に創建されたといわれています。
なかでもひと際目をひくのがこの蔵王堂。仁王門とともに国宝に指定されています。下千本の方から登ってくると、最初に仁王門をくぐり蔵王堂の裏手から回って正面に出ます。
有名な吉野の桜が咲き乱れる春には、秘仏の本尊蔵王権現(三体)がご開帳されるということもあって、とても多くの人で賑わいます。私も2度ともここを訪れたのは桜の季節でしたので本尊を拝んできました。寺の方の講話によると、蔵王権現の姿は釈迦が役行者の前に姿を現したときの魔障降伏の相貌なのだそうで、なるほどものすごい形相をしていました。
ところでこの蔵王堂、この先にある吉水神社の境内からでも、中千本の向こうの如意輪寺からでも、そして上千本の上方にある花矢倉展望台からでもすぐそれと判るほどによく目につきます。木造建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさだからというのもあるのでしょうが、それとともにこの桧皮葺の屋根が遠くからでも大変目立ちやすいからなのではないでしょうか。

・登録名称: 紀伊山地の霊場と参詣道/Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range
・登録年月: 2004年07月
・登録分類: 文化遺産

※こちらをクリックすると【シリーズ・日本の世界遺産】のインデックスをご覧いただけます。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。
でかっ!
こんなときは、人が写りこんでいるのが、かえって、建築物の偉大さを物語って素敵ですね。

空も青く、でも、ただの青でなく雲があって素晴らしい写真です。

そして、『「紀伊山地の霊場と参詣道」にこの吉野が含まれている』ことを私も知りませんでした。

fuka_shin | URL | 2008年01月23日(Wed)23:57 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

この蔵王堂、とても好きな建物です。
ただ巨大というだけにとどまらず、均整のとれた美しい形をしているとは思いませんか?
それと屋根。この桧皮葺の屋根は遠くからでもよく目につき、まさに吉野のシンボル的な存在です。

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されてから半年以上、この吉野が含まれているとは知りませんでした。
そのとき吉野へ出掛けたのも、実は友人に誘われたからでした。

Newman | URL | 2008年01月26日(Sat)00:40 [EDIT]


Newmanさん、おはようございます。

> 、均整のとれた美しい形をしているとは思いませんか?

確かに、均整がとれていて美しいですね。
何故か、建物に包まれるような感覚を持ちました。

そして、修験道のお寺ということもあり、私もすごく気になる場所です。

fuka_shin | URL | 2008年01月27日(Sun)10:22 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

> 何故か、建物に包まれるような感覚を持ちました。
なるほど!いい感性をお持ちですね。
遠くからこの建物を見つけてなんだか嬉しく感じたのも、あるいは似たような感覚からくるものだったのかもしれません。

> そして、修験道のお寺ということもあり、私もすごく気になる場所です。
この地における、古の八百万の神々と山岳信仰と仏教との出会いと融合。
まさに「紀伊山地の霊場と参詣道」の信仰そのものですね。

Newman | URL | 2008年01月28日(Mon)23:11 [EDIT]