1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

女体山と男体山

撮影日:2008/01/03
撮影地:女体山頂より男体山を望む/筑波山(茨城県つくば市)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


前回の予告どおり、本日の1枚は女体山の山頂からの眺めです。
右に聳えるのはもうひとつの峰となる男体山です。写真の左上には富士山も写っていますが、この富士山と並んで筑波山は古来よくしられた名峰です。

筑波山は周囲から一見しただけでもすぐそれと判るとても美しい双耳峰です。このふたつの峰、すなわち女体山 (877メートル)と男体山(871メートル)とは、その名のとおり古くからそれぞれ筑波女ノ神(イザナミ)と筑波男ノ神(イザナギ)とが祀られ、縁結び、夫婦和合の神として広く信仰を集めています。ぜひこれに肖らねばと(笑)、この山頂で麓にある筑波山神社の縁結御守を求めました。赤い房と金色のハート型の枠に金色の鈴と金色の羽子板がついたものと、紫の房と銀色のハート型の枠に銀色の鈴と金色の羽子板がついたものとの1対の御守でした。“ふたつでひとつ”というのがまた、男女二柱の神様に相応しいですよね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Newmanさん、こんばんは。

筑波山の双耳峰は、それぞれイザナギ、イザナミが祀られているのですね。
筑波山のご利益が、縁結び、夫婦和合というのも頷けます。

それにしても、山頂からの眺め、美しいですね。
富士山!見えます見えます。
なんかいいもの見た!って、気分です。

fuka_shin | URL | 2008年01月07日(Mon)20:48 [EDIT]


fuka_shinさん、こんばんは。

> 筑波山の双耳峰は、それぞれイザナギ、イザナミが祀られているのですね。
元々は筑波山固有の男女二柱の神だったものが、次第に記紀の神々に同化されていったようです。
筑波山神社の由緒を読むとなかなか面白いですよ。
http://www.tsukubasanjinja.jp/

> なんかいいもの見た!って、気分です。
この日、私もそう感じました(笑)
私も含め、日本人はみな富士山が大好きですよね。

Newman | URL | 2008年01月08日(Tue)21:19 [EDIT]