1枚の写真

写真ブログ。気の向くままに撮った風景など...。

池と山と その3-みくりが池と浄土山

撮影日:2007/10/07
撮影地:立山アルペンルートみくりが池浄土山(富山県)
別ウィンドウで写真を拡大(640×480ピクセル)


以前、みくりが池の向こうに立山の左に連なる夏の真砂岳と別山とを見た写真を掲載しましたが(※記事はこちら)、今回の写真は立山の右に連なる秋の浄土山みくりが池越しに写っているというものです。

浄土山立山(特に雄山)、そして別山を称して立山三山と呼んでいるのですが、立山信仰ではさらにこれらに加えて大日岳剱岳とが重要な位置を占めてくるようです。
大日岳の名は大日如来に由来し、立山信仰登山の通り道-すなわち登拝道の一拠点としての位置を占めてきました。また時として実際に大日如来像を持して立山に登ることもあったのだということです。
一方剱岳は、立山信仰を具現化したものである立山曼荼羅には地獄の針山として描かれ、「登れない山」あるいは「登ってはならない山」とされてきました。別山はこの剱岳という地獄の山の遥拝所としての性格をもっていたのだそうです。仏教において別院などという語が示すように、本山(=雄山)に準ずるものとして別山は重要な位置を占めていたのです。
そして立山を挟んで別山とは反対側にあるこの浄土山は、立山曼荼羅では右上にあって日輪が輝くところとして描かれています。立山、別山とともに極楽浄土のひとつとして位置づけられているのです。

それにしても、現代では立山三山縦走でオミットされてしまいがちの浄土山が(私はちゃんと登りましたが...w)立山曼荼羅では日輪輝く浄土として描かれているのに、一方でアルピニストたちの憧れの的である“岩と氷の殿堂”剱岳が針山地獄として「登ってはならない山」とされていたというのは、なんとも興味深いことですね。



以下のランキングサイトに参加しています。
投票してくださる方は、バナーをクリックしてくださいますようお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ くつろぐ参加中 ブログランキング BestPriceブログランキング/カメラ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。

すっかり、ご無沙汰しておりました。
少しずつですが、遊びに来れる気持ちになりました。
素晴らしい景色…この目で見たいなぁ…
心まで清くなりそうです。
下の京都駅のクリスマスツリー見事ですね(^・^)
京都駅は私の大好きな空間の一つです。
階段を登っていくと必ずいく喫茶店があります。
そこで人間ウォッチングをするんですよ。
それが、とっても楽しいんです(^・^)

ノロタン | URL | 2007年11月27日(Tue)21:23 [EDIT]


ノロタンさん、こんばんは。

> 心まで清くなりそうです。
自然って、本当に癒されますよね。
特にこの室堂平のあたりは標高が高いこともあり、日常目にするのとはまったく異なった世界が広がっていました。
室堂平には高い木はまったくありませんが、草紅葉も木々の色づきとはまたひと味違った美しさなんですよ。

> 階段を登っていくと必ずいく喫茶店があります。
それはひょっとして、このツリーのすぐ下にある途中階のカフェでしょうか?
白いテーブルと椅子が置かれてあって、下の連絡通路の辺を眺められるのですが...。

Newman | URL | 2007年11月28日(Wed)00:43 [EDIT]